鳴門~池田~ あさもやと共に

徳島を東~西へ自転車で走っております

2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

那賀川試走?

2009/03/30
3/29(日)に那賀川センチュリーランのコースを試走してきました。当日、会社の同僚SG君は急遽不参加となり、私、OZ君、nakaさんの3人となりました。

早朝、朝マックでOZ君と合流し、那賀川に到着。この日はあちら、こちらで桜祭りが催され那賀川のスタート地点も祭り会場の駐車場に指定されました(ガラガラでしたが・・)
さて、準備も整いnakaさんはと言うと、堤防から颯爽と下ってきます。自走してきたんですね!

3/29は、気温が低く(最低気温は3度だったらしい)風の強い冬型の気候でした
9:00過ぎにスタート、順調に那賀川沿いに上って行きます。途中の道端で立派な”キジ”を見つけカメラを構える前に逃げられましたが・・
これで、このコースでは”犬、猿、キジ”を見かけたことになります。”桃太郎コース”ですね
2009033001.jpg

工事区間で、信号停止しますがそれ以外は追い風で順調です。
2009033002.jpg

道の駅(鷲の里)でトイレ休憩をし、さらに”もみじ川温泉”でも小休止です
2009033003.jpg
2009033004.jpg

そろそろ、上りがキツクなってきたころに苦しむOZ君を”パチリ” 頑張れ~
2009033005.jpg
2009033006.jpg

なんだ、かんだで”桜谷トンネル”に到着
2009033007.jpg

昨年の那賀川では”トンネル嫌い”が災いし、このトンネルから左に出ている道はトンネルを迂回している旧道だろうと思い込み、迷い込んだ分岐点です。(適当な想定は災いの元ですね)しかし、そのおかげで、立派な”雌鹿”や道の真中で寝ている犬(チラっとこちらを見ただけで避けようともしない)に遭遇、新四国八十八ヶ所もちょっとだけ確認しました。

nakaさん、自転車奪われる!

OZ君が遅れ始めた頃、私とnakaさんが一時停止していると道の向こうに、おじいさんが居たので挨拶すると、おじいさんがやって来ます

:すごいのぅ これで上ってきたんか!
na:ああ、軽いでぇ、爺ちゃん持ってみる?
  (ここでnakaさん、自転車を降ります)
:どれどれ
  (おじいちゃん、自転車に跨ります! 驚きの行動にでました)
皆:危ない、危ない、爺ちゃん無理やで!
  (当然、サドルには跨れませんが、何とか漕ぎ出そうとします、一同唖然)
苦笑しながら、おじいちゃんを追いかけるnakaさん
フラフラしながら2,3m移動後、どうにか停止(一安心です)
2009033008.jpg
2009033009.jpg

:これは、ワシには無理やな
皆:(当たり前や!

後で、思い返してみると、nakaさんが軽く言った 「持ってみる?」を「乗ってみる?」と聞き違えたのかもしれませんね。

このころから、少し”やばいな・・”と感じ始めます

長安口ダムに到着します。放流は一切無く、夏に備えて貯め込んでいるようでした。
2009033010.jpg

”ビーバー館”(長安口ダム資料館)に到着する手前で”ズキンッ”とする痛みが一発
2009033011.jpg

その後、しばらくは上流を目指しましたが木頭村手前で皆と相談しUターンする事に・・・
アキレス腱の辺りが”ズッキン、ズッキン”します。
此処からUターン
2009033012.jpg

ご迷惑をおかけしました。。

踏むに踏めず、だらだら下っているとnakaさんが奥さんの実家に寄って”シップ薬”を用意してくださいました。
感謝、感激!”です。
クールダウン後、下っているとOZ君がハンガーノック気味に・・・
途中で昼食を摂ることにして、メンチカツ定食900円也
2009033013.jpg

下りの勾配を最大に利用します。途中でnakaさんは自宅が近づいたため離脱。
去り際に「此処から下流は向かい風がきついですよ・・

はい、確かにきつかったです! そうか、だから那賀川の往路は追い風でスムースなのだ

途中で、美味そうな”タラの芽”を見つけては天ぷらにしたいなぁ~、などと考えながらようやくゴ~ル
ホットしました。

途中でUターンした事や、復路のショートカットなどで約100kmになってしまいましたが試走の終了です。
これと言って報告事項は有りませんが、一部に10~20m程のダート(未舗装路)は残っていました。

また、春眠する事になりこのブログも自転車ネタは減ってくる事と思いますが、88歳でロードを購入できるよう無理せず身体を労わって、GWには京柱峠へ行きたいぞ!

ランキング参加につき↓バーナークリックしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
スポンサーサイト

| 自転車 | 18:00 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いくつまで自転車に乗れる

2009/03/26

先日、ピープルにまた一台ロードが入荷していたので見ていると
磯:「凄いだろ~」
私:「何が?」
磯:「これオーダーした人 大正10年生まれやで」
私:「うっそ~!

大正10年生まれ 88歳 ロードレーサー購入!?
凄い!凄すぎる! 

私なんぞはハナタレ小僧だ、身体をいたわればその歳でも自転車に乗れるんだろうか?
一度、お会いしたいものだ

ランキング参加につき↓バーナークリックしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| 自転車 | 18:44 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

那賀川センチュリー参加

2009/03/25

昨日、仕事帰りにピープルへ
那賀川センチュリー初参加のSG君用の振込用紙を貰う。そこで先日、長男が無くしてきたトピークの16工具を購入してしばし話をする.
s-2009032401.jpg
今年はピープルのお客さんも初参加の人が多いそうだ。自転車に乗る人が増えて結構な参加者数になりそう。
これも、一個ツール缶に入れておけと、チェーンのピンも袋に入れてくれた。無くさないようにビニールの袋に入れてくれるところが優しいじゃないか!

ちなみに、SG君 3本ローラーを買って家で練習しているそうだ。彼は”徳島マラソン”も出るらしい、大坂峠で出会うのも時間の問題か?
それとOZ君、今年はAコースに参加予定! 120kmだし大丈夫だよ
一度、みんなと試走する予定

ランキング参加につき↓バーナークリックしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| 自転車 | 18:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気になる

2009/03/24

今日の話題はなんと言っても野球のWBC決勝だろう
手に汗を握る攻防だが、こちらは仕事をしながらネットで速報をチラチラと。昼から休んでTV見たいぞ!
ストレスの溜まる攻撃も、最後はイチロー!「 はぁ~」、やっと仕事に集中できる

と思いきや、目にしたのは「ランス・アームストロングが落車して右鎖骨を骨折!」のニュース
なにー!」 応援していたので大変残念だ ツール・ド・フランスは7月だが・・・

画像はスイスの高原
2009032401.jpg

のような、池田にある実家の畑、きっと猿が座るに違いない

ランキング参加につき↓バーナークリックしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| 自転車 | 18:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アキレス腱

2009/03/23

現在、足首痛のため自転車をお休みしているのですが、日毎に春らしい陽気に誘われます。
未だ痛みがあり今週も自転車通勤はお休みですが、週末には何とかしたいところ・・
「アキレス腱炎」で検索すると
■安静期間は3~6週間、治療開始が早いと1~2週間らしい
■痛みが引いたらストレッチ
■エアロバイクなどの有酸素運動はOKと書いてある(ローラーで軽く廻すのはOKなのだろう)
元来、自転車はそんなに体重負荷は掛からないはずなのになぁ

春、本番に備えて今しばらく我慢しておこう
ツバメも帰ってきぞ


ランキング参加につき↓バーナークリックしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| 自転車 | 18:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第20回 那賀川センチュリー

2009/03/18
先日、那賀川センチュリー(5/17)の案内が届きました。
密かに5/17はツールド大山を考えていましたが、見事にバッティングです。

那賀川CT、昨年は天候も良く、手作りの大会として”ほのぼの”と大会を満喫しファミリー賞までいただき、「猿、鹿」などがコースに・・ 驚きましたが、記憶に残る大会でした。
徳島で行われるセンチュリー大会では、一番好きな大会です。
長男や最近始めた会社の同僚を誘い、後方をのんびり走る予定。

募集要項に書かれていた Human-Powered Games とは?検索してみると
「知られざる自然を舞台に、化石燃料を使わず人力だけで競うスポーツイベント。」とのこと、徳島県南部で主催されているイベントだそうです
そう言えば、県南ってスポーツイベントが多いですね。
ブルベなんかも主催されると・・

募集要項とコース図
s-2009031802.jpg
s-2009031801.jpg


ランキング参加につき↓バーナークリックしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| 自転車 | 18:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

静養

2009/03/17
今日は素晴らしい晴天で、気温もグングン上がりましたね。今週末もこの調子なら最高なのですが・・
私は足首の状態が思わしくないので、自転車通勤も自粛して暫らくは静養ですね

日曜にロードで出かけている間に嫁さんが極楽通勤号に乗って長女(ママチャリ)とポタリングしていたらしいのですが、えらい気に入った様子。
「ふふ~ん、ニヤッ」

画像は先日撮影した菜の花、春ですね~
2009031701.jpg

ランキング参加につき↓バーナークリックしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| 自転車 | 18:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大滝山

大滝山

2009/03/15
先週まで、MTBで遊んでいたのでロードに乗るのは実質3週間ぶり

鳴門-大坂峠-中尾峠-大窪寺-道の駅ながお-高仙山?-脇町-大滝山-穴吹-西条大橋-鳴門

今日は香川の国道377号線から分岐する中尾峠を通過してみたかった。早朝、行きがけに大坂峠でタイムを計測する事にするが意外と空気が冷たい。厚手のグローブとウィンドブレーカーは厚手、薄手の2枚を用意。

大坂峠ふもと(あせび)のローソンで食料調達。
2009031601.jpg

大坂峠では早朝にも関わらず1台のクロスバイクと遭遇。この方数週間前にも出合った気がする、タイム計測中で無ければ声を掛けたいところだが残念。ウィンドブレーカーを着込み引田側へ下る。
2009031602.jpg

県道40号線は交通量も少なく道がしっかりしており、練習やポタリングに適している(田舎道風で好きだ)。2009031603.jpg

練習中のローディー2台とポタリング中のクロスバイクと遭遇。国道377号を白鳥温泉方面(中尾峠)への分岐ルートへと進み中尾峠を目指す。
2009031604.jpg
道は1車線であり木漏れ日の中を進む事になる。2009031606.jpg

頂上にて写真撮影(休息)していると、反対側から一台上ってきた。ちょっと話をしてお互いに別方向へと下る。(中尾峠頂上付近
2009031607.jpg

五名トンネルを通過し、大窪寺を目指すが「ん?、道が良くなっている」工事がドンドン進んでいる模様、14%坂もそのうち無くなるのだろう。大窪寺は”サクッ”と通過。
2009031609.jpg

県道3号線を”道の駅ながお”方面へ下る。道の駅で水分を補給し、前山ダムを少し見学。
2009031610.jpg
2009031611.jpg

そのまま下り”県道279号線”を西へ。
2009031612.jpg

そして”県道148号線”を徳島(高仙山)方面に上る。
2009031613.jpg

この県道148号線は香川にしては道が悪いように思う。標高はそんなに無いだろうと思っていたが意外と上る、覚悟が無かった性か堪えてきた
峠らしい、峠なのだが、後から調べても峠の名前が判らない、名前が付いてないのだろうか?
2009031615.jpg
2009031616.jpg

それと、後で知ったのだが、山頂(二本杉、高仙山)は大変に見晴らしが良いらしい、今度また行ってみよう。この頃からポツポツと山菜取りの人を見かけました、よく見ると確かにワラビがでてますね。
ぐぃーんっと”国道377号”まで下り”193号”へ合流”夏子ダム”を目指します。
2009031617.jpg

地図上では”清水峠”となってますが、何処が峠か不明なまま夏子ダムへ到着。”バラ寿司”と”うどん小”を食します。
2009031618.jpg
2009031619.jpg

この頃から、右足首(アキレス腱)の辺りが痛み出しました・・・
夏子ダムを後にして”脇町”方面へ下りますが、途中から"県道251号"を使ってショートカットしていると道が良く解かりません。そこで散歩中のおじさんに尋ねたところ、このままで先の県道252号を右折すれば良いとの事。
2009031621.jpg

そこで、県道252号を上っていると、後ろから車がクラクションを鳴らしてきます!。落し物でもしたかなぁと停止してみると、先ほどのおじさんが車で追いかけてきてました、「ワシ、違う道を教えたかも知れん。 この道は間違うとるわ」わざわざ追いかけて知らせてくれたようです。いやいやおじさん、「正解ですよ、先ほど道標がありましたから」と言うと、おじさんほっとした顔で「そうか~、良かったぁ」親切なおじさんと少し話をして、「がんばれよ!」と声を掛けていただき、十分にお礼を言って”大滝山”を目指します。
この道、一車線で舗装状態もイマイチで、途中から意外と上っています。あるカーブを過ぎるとガックっと楽になりますw 普通は逆なんですが・・(このカーブ後、楽)
2009031622.jpg

”美村が丘”から来た道と合流し県道106号線となります。ヘロヘロ上っていると、大型バスが何台も通り過ぎていきます、ちょっと危ないですね。
2009031623.jpg

さて、ようやく”大瀧寺”へ到着。記念撮影をして少し先の山頂まで上ります。
2009031625.jpg
2009031626.jpg

大変眺めはいいのですが、山肌にはが残っていました。”う~、寒い”、ここで香川側へ下るか迷いましたが、足が痛む事、時間が押している事から来た道を下ります。
2009031627.jpg
2009031628.jpg
2009031636.jpg

途中、106号を”美馬方面”に抜ける広域農道があったので行ってみると、「あれ?上ってる」 尾根沿いに道が続いてました。「こりゃぁイカン!」 来た道を引き返し、脇町まで下山しましたが、ウィンドブレーカーを2枚持っていたのは幸いでした。
2009031629.jpg

下りの日陰は”寒くて、寒くて”凍えそなほど。
帰路に着きますが、風が強くて、強くて思い切って南岸を走ります。足の痛みが酷くなり、速度が出せない状態ですが、南岸は平地で日光が良く当たり助かります。どうやら、随分体力を消耗している模様
2009031630.jpg

川島の潜水橋を過ぎ、西条大橋を渡って、ヘロヘロになりながら帰宅です。
2009031631.jpg
2009031632.jpg
2009031633.jpg
2009031634.jpg

気温は高いはずですが、体感は寒かったですね。出かける度に新しい道への興味が沸きますので、今しばらくは楽しめそうです。
痛めてしまった足は、シップ薬で様子を見ていますが階段で痛みが出ます。3連休の何れかには翠波高原に行く予定ですが危なそうです・・・


2009031635.jpg

ランキング参加につき↓バーナークリックしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| 自転車 | 18:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大滝山

2009/03/15

約3週案ぶりにロードに乗りました。
いろいろ行ったのですが、目標は大滝山でした。詳細は後日レポートします。
11時間くらい遊んでましたw
2009031501.jpg

yadoさん、鉄線さんタイム計測をしていたので”あせび公園”には行ってませんが、道中では満開の様でしたよ!

ランキング参加につき↓バーナークリックしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| 自転車 | 20:43 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

土佐北街道と(境目峠~碁石~堀切峠)

2009/03/12

先週末に色々と回っていて気になる道標を3度ほど目撃、一度目は川之江の市内”槍下げの松”近く
2009031301.jpg

二度目は”霧の森”
2009031302.jpg

三度目は”堀切峠”からの川之江への下り途中で。
2009031303.jpg

目にしたのは”土佐北街道”の道標、調べてみると土佐藩が参勤交代の際に使用していた街道だとか。(愛媛県四国中央市・新宮―高知県大豊町を結ぶ県道5号)
思えば昨年の夏、京柱峠を一緒に越えた”FELT”に乗った方と話した「香川~早明浦ダムへ抜けて」興味津々なのだが・・
更に調べていく途中に別の興味深い記事を発見した。”池田-境目峠-堀切峠-法皇スカイライン-金砂湖-堀切峠-呉石-曼陀-池田”
目を引いたのは”堀切峠-呉石”これは堀切峠~境目峠にかけて徳島~愛媛の尾根ルートがあると言う事。国道192号から見上げれば尾根沿いに鉄塔があるが、ルートが有るとは思ってなかった。
こんな近くに、思っても無かったルートがあった。土佐北街道よりもこちらに興味が移った。”翠波高原”を組み合わせれば面白そうだ。
(徳島)池田~境目峠~(愛媛)碁石~堀切峠~翠波高原~金砂湖~新宮~(徳島)川口~池田・・かな

この境目峠~碁石に抜けるルートについて徳島県立博物館の資料中に以下の記述があった。

■境目峠の100m手前、南西に分岐する道の入口に至ったと考えられる。この分岐道を100m登ると日の岡峠で、阿波・伊予国境にあたる。

■谷底を通る近世の伊予街道が開かれる以前、八幡街道もしくは京街道といわれる尾根伝いの道が、白地から伊予の八幡浜へ通じていた

ランキング参加につき↓バーナークリックしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| 自転車 | 18:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マニ車~大福~堀切峠

2009/03/10

2009/03/08(日)
早朝の用事を済ませ、AM9:00くらいから山城町の大野に「ブータンのマニ車」があると聞いていたので、見物に出掛けた(もちろん、サイクリング)
(国道32号~国道319号~県道5号~国道192号)
マニ車とは巨大な筒に「お経」が収めらており、マニ車を一回しすると、お経を一回唱えたと同じご利益があるというモノ

久々に、阿讃山脈を離れてツーリングである。国道32号線から国道319号線、この道は昨年の夏に通った経験があり、杉林の中大変に気持ちよく走れたルートだ。
国道32号線から望む大歩危方面&川崎方面
2009031001.jpg
2009031002.jpg

山城町の川口から国道319号に入り一路、長福寺を目指す。
2009031003.jpg

マニ車はその辺にあるらしい。
あるらしい?
何故、推定なのか? このマニ車、地元では良く知られた存在だが、観光パンフレットや道案内に記載が無い。ネット上で検索してもそれほど引っかからない、理由は後で明らかになるのだが・・・(この時は私も知らなかった)

319号の程よい上りを、約6km進んだところの対岸に長福寺はある。小さいお寺だが、”雲辺寺の奥の院”であり、境内に「お葉着きイチョウ」:葉の先端に実(銀杏)がなる事で知られたところ。
2009031004.jpg

その長福寺の手前、約100mのところを山側に見れば、枕木で出来たそれらしき参道があり、門がある。
2009031005.jpg

門を過ぎるとマニ車はすぐそこにある。
2009031006.jpg

これほどの物が何故パンフレットや道案内が無いのか? 実は「個人の所有物」なのだ。お宅拝見のようだが、たまたま持ち主と思われる方がいて見学させて頂いた(居なくても見学できるようです)お願いして恐る恐る回させて頂いた。すると、持ち主の方が「下の輪っかを持って走れと言う」ならば!思いっきり回させてもらった。
カキ-ン!、カキーン!」一回転ごとに鐘が鳴り響く、なるほど勢い良く回した方がご利益がありそうだ。少し楽しかったw

2009031007.jpg
感動もほどほどに、お礼を言ってその場を後にした。

さて、今日はまだ時間はある。ルートを考えていなかったが、ここから考えられるルートは
1.塩塚高原
2.堀切峠
堀切峠を選択肢し、銅山川の上流を目指し国道319号を上る。
対岸に「ゲロゲロ」な道がグイグイ高度を上げているのが見える。あそこは止めとこう・・
愛媛との県境を越え”新宮”に到着する
Q2009031012.jpg

ここを右に曲がれば新宮ダム(堀切峠)方面だが、せっかく此処まで来たので県道5号を”霧の森”目指して走る。高知自動車道の新宮ICを過ぎ、途中道路工事で止められるがそれ以外は快適だった。
日曜日のせいか、意外と人気のスポットのようだ。なぜ霧の森を目指したのか?

2009031008.jpg
それはこれを購入する為。
2009031010.jpg
2009031009.jpg

意外と有名な”霧の森大福”買って帰り3時のおやつにする予定、おばさん達と列に並んで購入する、こりゃぁ大変だわ。保冷袋も購入しでディパックに詰め込む、ロードではディパックを担ぐ気にはなれないが、MTBの場合はポジションのせいか楽に担げる。ちょっと興味があったので県道5号を高知方面に走る。道が狭くなってきたところから折り返し、”新宮”まで戻り”堀切峠”を目指す。堀切トンネルを過ぎ国道319号”別子山”(仙龍寺)方面と分かれ、土佐北街道を堀切峠に向かう。
2009031013.jpg

2009031014.jpg

新宮~堀切峠までは傾斜も緩やかだ。
ここの峠も切り通しであったが、意外と高度は低く490mくらい.
2009031015.jpg

途中で色んな標識があり特に、”翠波高原”の道標には引かれるものがありましたが、冷凍食品を持っていることもあり、おとなしく川之江へと下る。その後、境目峠を抜けて無事に池田へ到着。
2009031016.jpg

2009031017.jpg

2009031018.jpg

2009031019.jpg

本日の気温9℃ 意外と寒かった。
2009031021.jpg

「霧の森大福」美味しいですね。

翠波高原は”菜の花”と”コスモス”が有名ですが、今ならまだ菜の花に間に合うかもしれません。
どうするか・・カレンダーとにらめっこ!
それにしても、ハードティルのMTBが欲しいです・・・
2009031000.jpg

    
ランキング参加につき↓バーナークリックしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| 自転車 | 18:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

六地蔵峠~豊稔ダム~境目峠

2009/03/09

2009/03/07(土)
朝、早朝の用事を済ませ、AM9:00くらいから以前より考えていた六地蔵峠越えを目指す。
(国道192号-県道268号-県道6号-広域基幹農道-県道8号-県道9号-土佐北街道-国道192号)
まずは雲辺寺方面に県道268号線を上る。数キロ走ったところで雲辺寺方面と野呂内の分岐へ到着する。
S2009030702.jpg

ここからの下りはしばらくコンクリート舗装になるが、すぐ普通の舗装になるので心配ない。野呂内小学校の辺りで県道6号の表示があり、六地蔵への上り道となる。
S2009030707.jpg

今回は”や まさん”から「ロードでは厳しいかも」との指摘をうけてMTBでの走行となる。なるほど、形容するならばロードでも走れない事は無いが、決して走りたくない道だ。舗装はひび割れ、剥がれ、落ち葉が積もっていて湧き水で湿っている。
S2009030708.jpg

途中に一箇所分岐点があり、ああ、此処からが中蓮峰へ、そして猪鼻峠へと通じる道かと確認する。(距離が距離なので迂闊には入れない・・)
S2009030709.jpg

六地蔵峠手前で二人のハンターとすれ違い(猪を駆除中?)六地蔵峠に達する。切り通しで、峠に達した事が直感できる峠だ。
S2009030710.jpg
S2009030713.jpg

驚いた事に一人の年輩のランナーが休んでいた。少し話をさせてもらったところ、香川側からよく登っているようだ。六地蔵を撮影し一気の下りに入るが、やはり香川側は道が良い。途中「薬師鼻展望台」があり覗いて見ると、チョット感動した。
S2009030715.jpg

街から海から山から一望できる、携帯のカメラでは感動は伝わらないかもしれないが・・・。
S2009030717.jpg
S2009030718.jpg

途中18%勾配の標識も(あのランナーは凄い!)
S2009030719.jpg

ほぼ下りきって、”広域基幹農道”の道標に従い西へ(雲辺寺ロープウェイ乗り場経由で豊稔ダムを目指す)途中で”粟井ダム”の道標が有ったのでそちら方面にすると、雲辺寺から下って来る四国のみちが有った。なるほど、険しい道だ。
S2009030728.jpg

その後、ロープウェイ乗り場を経由して、県道8号を少しだけ走り、県道9号を豊稔ダムに向けて上る。
S2009030730.jpg
S2009030732.jpg

途中で二回ほど工具ケースとボトルが落下、昨日サスを硬くした影響なのか?
途中で川を覗き込むと、見事な階段状の谷底が見えた、名勝なのかは不明
S2009030734.jpg

傾斜もほどほどに、豊稔ダムへと到着。ラッキーな事に放水していた。S2009030736.jpg
S2009030739.jpg

道路沿いにダムの上から覗いて見ると、「水面が!」 阿波弁で言うところの「まけまけ、一杯」(”こぼれそうなほど”と言う意味)である、いや、これはダムからこぼれ出したに違いない。
S2009030741.jpg

この辺でやたらと、「喫茶まんさく」との看板がありイマイチな名前だ、左門なら豊作だろうとか考えていたら、「豊年満作」か!と思考回路が繋がった。チョットすっきり!
そのまま、県道9号を進んでいると知らない間に結構な斜度になってきた、道も立派で上り易い。愛媛県と香川県の県境に差し掛かる。
S2009030742.jpg

これまた眺望が素晴らしい。
S2009030743.jpg

上から見た道
S2009030745.jpg

途中で”生木地蔵”なる看板を発見、寄り道も数百メートルと言う事なので寄る事にする。途中からコンクリート舗装だが自転車で下れそうなので行ってみた。(厳しい勾配だが・・)
S2009030748.jpg
S2009030746.jpg

木にそのまま地蔵を掘り込んだもので大変珍しい地蔵だそうだ。耳にご利益があるようでお参りをしてルート復帰だが、MTBで上れそうな気がして、浮き上がるフロントを押えながら途中まで上ったところ、石に乗り上げ完全にフロントが浮いてしまい終了・・・押し上がる。
更に下りを楽しんでいると、「重要文化財 真鍋家住宅」が有った。これも覗いてみると江戸中期に建築された民家のようだ、約400年前だそうだ。
S2009030750.jpg

しかし、この道は快適だった、何故にローディーとすれ違わないのか不思議だった。川之江に到着し、遅めの昼ご飯を食べようと思ったのだけども結局ローソンで買い食いしてしまった。ここら辺は何が名物で美味いものは何処にあるのだろう、愛媛の名物って確か、目玉焼きの乗った丼が有ったように思うが・・・

県道9号から少し外れ、”土佐北街道”の道標に従い国道192号と合流し、愛媛と徳島の県境”境目峠”を目指して走る。と、ここまではMTBで軽めのギアを使ってクルクル回していたので軽快に走れて楽しかった
境目峠を目指しながら、何気に旧曼陀峠を思い出していた。あの峠には途中から佐野地区に下るルートがあった、あれが旧曼陀峠の徳島側のルートに違いないと思っていたので確認してみたかった。
県境近く”七田”というところから四国のみちがあり、旧曼陀峠に続いている事は何となく知っていたので軽い気持ちで帰りの駄賃程度に考えた。
峠手前、数百メートルの地点から上り始める。途中まで舗装路であったが、コンクリート舗装となり落ち葉が道を覆う・・
S2009030756.jpg

私の短い自転車人生の中で”一番の劇坂”に突入しようとは思わなかった。「ゲロゲロ」である。ロードに乗っていたならば、すんなり敗退したであろう。なまじっかMTBであった為、欲が出たのだ。途中まで、日が差し込むところは未だ良かった。路面が湿るとスリップする。どこで、写真撮影という名目の休憩をしようかとばかり考えていた。
S2009030757.jpg

舗装路ばかり走っている私には湿った地面のうえでは踏んでも踏んでも進まないように感じられる(抵抗が大きい)。「頂上付近かと思えば下って、また上る」何度か繰り返し少々落ち着いたころに分岐があった。そう、ここでミスコースしてしまったのだ。本来のコースには雲辺寺6.×kmと書かれていたようにおもう。
しかしながら、そちらのコースはシングルトラック! 何の疑いも持たずに落ち葉に埋まったコンクリートの道を選んでしまった。(後で、写真を見ればミスコースに気がつく
S2009030758.jpg

そこからは、うねうね、ぐしゃぐしゃ コンクリートも無くなりミスコースに気がついたときには随分下っていた。もう、本ルートに戻る気などサラサラ無く、疲労した体で早く知っている道に復帰したかった。
途中、工事車両が通過している道(うねうね、どろどろ 田んぼ状態)を進み、やっと民家が見えてきた。
S2009030761.jpg
S2009030762.jpg

ここで、T字路(右に行くか、左に行くか)国道192号は右手に有り、越えているハズは無いので右へ行くことに、しばらくして見覚えのある道に出た。
そう、ここは境目峠だ・・・
S2009030763.jpg

迷走した距離、登った坂はどれくらいか分からないが、上りはじめから直線距離にして1kmも進んでいない。ガックリ疲れが噴出した・・・
幸いな事に、後は下り一方で池田まで到着する事が出来る。

ヘロヘロのヨレヨレで無事帰宅する事が出来た
(もちろん、ブログの更新など出来ず、次の日も走りに出たものだから日曜の夜遅くなってからの帰宅となった)
しかし、なぜにこれほど面白いのか
S2009030700.jpg

    
ランキング参加につき↓バーナークリックしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| 自転車 | 18:00 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

六地蔵峠

2009/03/07
六地蔵峠へ行ってきました。
2009030701.jpg
六体の地蔵が在るのかとおもいましたが、まとめて一つの石像でした。
本日、ヘロヘロにつき レポートは後日・・・

ランキング参加につき↓バーナークリックしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| 自転車 | 19:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

四国のみち考

2009/03/06
四国のみち(香川県):http://www.pref.kagawa.jp/kankyo/shizen/michi/sikokumiti/index.htm
先日、雲辺寺から香川に抜けるお遍路道について少し触れたところ、コメントで”バイク、自転車進入禁止”の立て看板が有る事を教えていただいた。
貴重な情報をありがとうございました。インターネットって凄いですね。
ところで、少し気になったことがあったので、思い切ってメールで問い合わせしてみました。

■疑問(問い合わせ)
>こんにちは、四国のみちについてお尋ねいたします。
>お遍路を自転車で行う場合、お遍路みちの多くは四国のみちと重なっており、四国のみちとは遊歩道であるため自転車に乗車して、または押して通行する事は可能でしょうか?
>(自転車進入禁止とかの規則は有りますか?)
>具体的には”雲辺寺山へんろみち”を雲辺寺方向から自転車同行にて下りたいと考えています

つまり、四国のみち全体が進入禁止なのかと言う事も視野に入れて(他に走ってみたいところもあるので)

■回答(要約です)

>四国のみちの整備も歩道として整備しており、自転車等の通行は想定していません。
>自転車の走行は自転車歩行者双方にとって危険だと思われます。
>過去バイク、自転車等の車両の進入があり、地元住民・歩行者からの苦情や、歩道施設の破損等があったため、徳島県側、香川県側の双方の入り口に、車止とバイク、自転車の進入の禁止の御協力を呼びかける標識と車止を設置しています。
>御理解、御協力を頂くようお願いします。

第一印象は「微妙だ・・・」

問い合わせはメールで”香川県環境森林部 みどり保全課 自然公園・緑化推進グループ”と言うところに行ったのだが、協力の呼びかけとある。
しかも、このルートは香川県観音寺市の市道になるので「自転車進入禁止等の規則」の有無は”観音寺市建設課管理係”に問い合わせて欲しいという。 

整備・管理しているところと、保有しているところは異なるので通行制限などの規則は各、自治体に問い合わせないと分からないようだ。

ここで、気になる話を聞いた。
雲辺寺からの遊歩道は以前に、ダウンヒルの練習コースとして使用されていたようだ。というのも、雲辺寺さんへはロープウェイが整備されており、片道分の切符を買えば自転車も無料で頂上まで運んでもらえる。なるほど、よく考えたものだダウンヒルの練習にはもってこいである。

しかし、残念ながらお遍路みちでダウンヒルを練習するのは間違いだ。そりゃぁ危ないだろう!

自転車のトレッキング程度なら使ってもいいのか、微妙なところ・・・

ランキング参加につき↓バーナークリックしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| 自転車 | 18:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

同僚の事故、再び

2009/03/05
本日は夕方から雨らしい、パーク&ライドで少し離れた駐車場からMTBで通勤だ。
勤務時間になって、同僚のSG君が来てない事に気が付いた。昨日は仕事の打ち合わせをして今日の段取りを決めていたので不審に思い携帯を見てみると、不在着信がある。
電話してみると出ない。しばらくして電話すると本人が出て、「また、車にハネられました、今は病院に居ます
どうやら、青信号で横断歩道を自転車で渡っていたところ、後ろから来た車にハネられたようだ。
怪我の具合は「足の擦過傷」、「首の痛み」骨には異常は無いようだ。

過去の記事を見返えしてみるとSG君、2009/01/28にハネられている。今年2回目である、まぁなんと運の悪い話だ。聞いたとことによると今年は厄年らしい、関係あるのか、無いのか

最近の私は交通量の少ないところを走る事が多いので確立は低いけども、通勤時間帯は交通量も多く皆、急いでいるの危険が増すのでしょう。
そこでどうやって自分を目立たせるか、蛍光ベストを着ていたならこの事故も防げたのかもしれない・・・

そうそう、私の着ているブルベ用蛍光ベストADX-Vですが数枚ほど余分に買ってあるのでお譲りできます(手渡し希望ですが)

ランキング参加につき↓バーナークリックしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| 自転車 | 18:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

何気に川を見る

2009/03/04
最近、車で川の近くを通過していると後ろで姉が騒いでいる。「あれってクレソンだよね?」クレソン?レストランなんかで付け合せに出てくる野菜だ。
IMG_1651.jpg

どうも、そうらしい
沢山自生しているようだ。そのうち採ってくるに違いない、夕食の付け合せは注意を払っておこう。

大坂峠を引田側に下ると最後にはコンクリート護岸の谷と平行する、実はそこにもクレソンの群生があったように思う。以前には鳴門の用水路に”鬼蓮”が咲いているのをみた。こんな所に、と思っていると新聞でもその事が書かれていた。
数年前に、長男が近所の池に”鬼蓮”を植えてきた。そこで種を一個貰って来たので水練鉢に入れておくと、こぶりの鬼蓮が咲いていた。

近所で意外な発見でした。

ランキング参加につき↓バーナークリックしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| 自転車 | 18:27 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

四国のみち

2009/03/03
「めっちゃ寒い」これが今日の感想。花冷えには早いが三月だと言うのに、この冷え込み様は・・・
実家の辺りは雪が舞っているらしい。
一昨日書いた雲辺寺から香川に抜けるルートですが、どうやら”四国のみち”らしい。
2009030301.jpg

四国のみち(四国自然歩道)は全長1545.6km、国府STも”四国のみち”だった。
シングルトラックのような道だとすると、冬枯れのこの時期に走っておかないと
そうそう、磯やんに教わったっけ、”転倒する場合は自転車を放り出せって!”スキーのこけ方教習みたいだけどもその通りだ。
大丈夫か?

四国のみち http://www.skr.mlit.go.jp/road/smiti/smiti.html

ランキング参加につき↓バーナークリックしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| 自転車 | 18:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゆっくりなツーリング

2009/03/02

曼陀峠~禿ノ峰、後記
一昨日、旧曼陀峠(600m)~禿ノ峰(854m)をツーリングしたのだけれどもスケジュールに余裕が有った性か、非常に楽しいものとなった。ロードバイクではなくMTBを選択した事も一因だろう。また、知らない、おじさんや、おばさんと話をしたり(こっちもおじさんなんだけど、サングラスとヘルメットで若く見える)するのも楽しい。
ゆっくり、知らない処を回るのにMTBは適しているなぁ。極楽通勤号として譲ってもらったフルサスのMTBだが案外出番が増えそうな予感(もう少し軽ければなぁ・・)

今回は実家に帰る直前まで迷ったが、MTBを持ち帰る事にして「予備のチューブ」「ドリンクホルダー」「ツール缶」を磯やんの店で購入、慌てて装備を決めた。国道を走るには心もとないが、山道をツーリングするには抜群のようだ。まず、体が楽なのだ。上りの最中に水分補給をするのは難しい、気温の低さも手伝ってボトルの水はあまり減らなかった。これは注意して補給をこまめにしないといけなようだ。六地蔵を越えるのにも極楽通勤号を使う方が良さそうだ。

池田~雲辺寺への参拝ルートへ合流した辺りの看板に書いてあったのだけども、雲辺寺から香川側に広域農道があるらしい。という事は六地蔵より西にもう一つ道がある事になる。う~ん、知らない事ばかり、実際に走ってみると意外な事があるものだ。

今やってる、峠越えの遊びは大変に気に入ってしまった、なぜか面白いのだ。

ランキング参加につき↓バーナークリックしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| 自転車 | 18:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旧曼蛇峠~禿ノ峰

2009/03/01
今日も、半日の予定で走り始める。旧曼蛇峠を越える予定です。いつものごとく、32号を川之江方面へ走り、途中で県道8号線から曼蛇トンネルを目指す。
2009030101.jpg
2009030102.jpg
トンネルに着いてみると、やっているはずの工事がお休みだ。しょうがないので、ライトをつけて一心に路面を凝視、一気に突っ切る。「ぶは~」400m少々だが最後のほうで息切れ・・
トンネルを抜けると旧曼蛇峠へ通じる分岐がある。
2009030103.jpg
2009030104.jpg
画像で分かるとおり、今回はMTBを使用している。ロードでは厳しいのではと踏んでいたのだが・・
見ての通り、このフレームはボトルホルダーが設置できない。そのためミノウラのサドルにつけるタイプのステーを利用し、ボトルを2個搭載した。
しばらく、「うねうね」と上ると、四国の道に合流する。どうやら境目トンネルを抜けたところの旧道から来ているようだ(川之江:七田~)
2009030106.jpg
2009030107.jpg
道はロードで来れば良かったと後悔するほど快適であり旧曼蛇峠(600m)に到着する。実は旧曼蛇峠といわれも峠の実感が無かった。
2009030108.jpg
2009030109.jpg
2009030110.jpg
この道は、「おへんろ」未知なのだが、ほぼ尾根沿いに走るため鉄塔と平行して走る。国府STを思い出すが、こちらは快適、快適、banさんもこんな道を想像していた筈だw
2009030111.jpg
2009030112.jpg
2009030113.jpg
しかし、しばらく行くと”ガク!”と道が悪くなる、国道439号を思い出すほどだ。MTB出なければ苦しいところだ。ロードでは押して行くしかないのでは?(悪路区間は短めですが)二人のハイカーを挨拶して追い越しながら、やっと「雲辺寺」への通常ルートと合流する。
2009030114.jpg
しばらく、野呂内方面へ下り、野呂内の入り口を少し過ぎた辺りから分岐があり、「龍王山」への入り口と思われる。ここから更に「禿ノ峰」を尾根沿いに縦走できる筈だ。
「エッチラ、コッチラ」
2009030115.jpg
超えてきた山々、そして休息(カロリーメイト)
2009030116.jpg
この画像は尾根沿いを進んでいるのが良く分かると思います。左手の策は強風を凌ぎ、畑を守るためのもの
2009030117.jpg
途中で道しるべを発見「左うんべんじ、右こんぴら?」
2009030118.jpg
尾根から、高知方面を望む
2009030119.jpg
そして、池田町内
2009030121.jpg
最後に、広域農道の基点に当たりますが(野呂内からの県道6号と合流する、約4km)今回は時間がないので帰路につきます。
2009030122.jpg
下から見上げた、「禿ノ峰」 見える道ではなく尾根沿いに通った道があります
2009030123.jpg

今回のルート
2009030124.jpg

ランキング参加につき↓バーナークリックしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| 自転車 | 22:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。