鳴門~池田~ あさもやと共に

徳島を東~西へ自転車で走っております

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あせび公園~鉢伏山

日時:2011/01/22(土)
場所:あせび公園~鉢伏山~あせび公園
天候:快晴(気温2~10)
参加:さがやん、T君、KID君、B君、Hさん、maru430

■ルート(トレッキング)



大山越えから縦走するとしたら?
川股ダムからの鉢伏山の登山道を下るとしたら?

色んな事を考えて現地をトレッキングしてみました

■出発

午前の部が終了したところで、引田ローソンからMTBを車載しあせび公園まで戻る
昼食後、スタートしたのは2時近くになってしまった。
(予定より一時間遅れ)

キャノンデールさん、午前の部にて帰宅(お疲れ様でした)

縦走路を歩くためもう一度公園の最上部へ移動しルートへ分入る

■あせび公園~

縦走路に入ってすぐに諦めた

2011012301 (36)

2011012301 (37)

このルートはMTBでは無理だ・・・

2011012301 (38)

アップ・ダウンも厳しく、藪コギ藪コギ、イバラも多い
尾根ルートなのだがあまり踏み後もない、この時季にしてこのブッシュ。
もうお手上げ。

それでも無理やり進んで1/3くらい進んだところに急下りがある。下りながら横からルートが一本合流している事を確認。
GPSにも載っている。どうやら昔は車が入ってきた事があるようだ(林道? 復路で確認する)

あせび公園と鉢伏山の中間辺りはMTBに適したSTだが、鉢伏山に向かうにつれ結構な上りとなる。

■往路-中間点

中間点辺りで一人の方と軽く会釈してすれ違った。

GPSによると、この辺りに川股ダムへ下る登山道があるはず。

休憩の間にそれらしき道へ分け入る

どうやら、当たりらしい。急勾配で下っているが道はしっかりしているようだ。
(ふ~ん)

2011012301 (41)

■鉢伏山(439.4m)

時間も押し迫っており、少々急いで登頂する。
まずい、スタートが遅れたせいで15:00を過ぎてしまった。

2011012301 (40)

一息ついて、早々に来た道を帰る
後から考えると、大山に一台車を停めておけばよかった・・

鉢伏山は大山越えからの中間辺り、ここから戻るなら大山方面へ進んでも距離は同じくらいだった筈


■エスケープルート

復路はヘロヘロで”あせび公園”への急上りは避けたい。往路で確認した林道を使うことにする。
GPSでは”あせび公園”の入り口近くに繋がっているようだ。

途中のイノシシ罠(何か臭~い)

2011012301 (43)

やっと、見慣れた風景が出てきた!

2011012301 (42)

この、エスケープルートは”あせび公園”入り口のチェーンを張ってあるダブルトラックに繋がってました。


■走り走りですが・・

・あせび公園山頂からの縦走ルートはMTBには不向き
・川股ダムへ下るなら エスケープルートを使って尾根へ出れば無理なく移動可能
・川股ダムへの下りルートは標識も何もないので、気がつきにくい

どうにか、気温が下がる前には帰ってくる事ができました。


■GPS&地図

今回もGPSを見る機会が多く大変助けられました。

「TrekkinMapEditor」というソフトを使うと国土地理院から2万5千分の1地形図に相当する地図を閲覧できる「ウォッちず」のデータを印刷する事ができます。

任意地点の地図を作る事ができるので非常に便利です(等高線もOK)

http://softwareoasis.dip.jp/TrekkingMapEditor/TrekkingMapEditor.html
スポンサーサイト

| 山歩き | 18:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大坂峠~龍王山~ビク山~小路池

日時:2011/01/22(土)
場所:大坂峠~龍王山~ビク山~小路池
天候:快晴(気温2~10)
参加:さがやん、T君、KID君、キャノンデールさん、maru430

■予定

午前 アセビ公園~龍王山~ビク山~小路池
(何処まで行けるか、道が無くなれば来た道を戻る予定)



午後 アセビ公園~鉢伏山 トレッキングで往復

■集合

集合は9:00 大坂峠アセビ公園駐車場
8:30 引田ローソン向かいの駐車場にKID君の車とmaru430の車を駐車
(引田側へ下った後、スムーズにアセビ公園まで戻るため)

T君の車に乗合せアセビ公園へ

既に、さがやん、キャノンデールさんも到着済み

2011012301 (2)

■~龍王山

2011012301 (3)

アセビ公園の頂上から龍王山目指して出発

2011012301 (4)

2011012301 (5)

この場所は下見をしていなかったが、ボチボチのSTで今日は楽しそうな予感

倒木を越えながら進む
※今日は軽く2桁以上の倒木を越えることになる

さがやん、楽しそうだな

2011012301 (7)

龍王山(475m)に到着(ここまではあっと言う間)しばし休息する

2011012301 (8)

この先のルートを確認に行くが・・・

「なんじゃ、こりゃぁ」

2011012301 (9)

鉄塔沿いに進む事になるのだが、押し下る事が出来ない

ルートは確認出来たので後はどうやって下るかだが、今回は人数が多いのが幸い

下し役、中間点で受け取り役、受け取り役と分担を決めリレー方式でMTBを下す
少し散策し、ここまでは別のルートでも到着出来る事が分かった

■~ビク山付近

鉄塔からの下り、私は押し下ったが果敢に挑戦するKID君

2011012301 (10)

2011012301 (11)

少しガレバを過ぎて軽快にSTを楽しむ(絶好調だ)
このルートは階段が無く上りの担ぎもない
但し、途中に崩落が数ヶ所あり修復されていないので危険(自己責任で通行しました)

2011012301 (13)

こんな場所です。
見た瞬間に笑いましたね。アハハハハハ なんか可笑しい

2011012301 (12)

一台を崩落箇所の上を通しましたが、これが大変!

それならと、少し足場を作って立ってみるとどうにか立てる
これまたリレー方式で崩落現場を渡ることにした。
(担いで渡るのは如何でしょうか、リレーでないと危険だと感じました)

2011012301 (14)

杉林を通過し鉄製の橋を渡る処で休息する
どうやらルートは尾根ではなく少し下がったところをトラバースしているよう
2011012301 (15)

2011012301 (16)

倒木に次ぐ倒木、腐葉土の谷を渡り、また崩落箇所をリレー方式で渡す。

2011012301 (17)

こんな事をしながらも天候がよく空気が澄んでいて楽しい
気温も高目でアンダーウェアとジャージの2枚で十分だった

2011012301 (18)

また、中間点での眺望もよく鉢伏山や大山は勿論、今日は空気が澄んでいるせいか大川原の風車まで確認できた

いや~、眺めが良いね

2011012301 (21)

ビク山の中腹から南を望む

龍王山

2011012301 (19)

龍王山方面~右手の塔は大山

2011012301 (22)

押しも有りますが、基本的に急坂の押しはありません、ただ危険だと感じたヶ所は押します。
ビク山の山頂は通過しなかったものの、振り返ると登山ルートらしきものは確認。
MTBでは難しそうです。
(ブッシュが多く、とても行く気にはなりませんでした)

多少の倒木は次回の為に排除しながら進みます。
リレーもそうですが、今回のテーマは「チームワーク!

2011012301 (23)

2011012301 (24)

■~小路池

雲辺寺と同様にダブルトラックになったりシングルトラックになったりしますが、メチャメチャ楽しい!
ゆっくりとトラバースしている感じでしたが、この先は急激に下り始めます。

2011012301 (25)

2011012301 (26)

ジグザグに下りますが、ここでも倒木が多く担いで越えます。
数箇所の切り替えしでは降りてMTBの向きを変える必要あり

見えてきたのは恐らく千足ダム、結構いい感じの眺め
大山も随分近くに感じました。

2011012301 (27)

小路池が近くに感じられる様になり、残念ながら終わり近づいてきたようです。

2011012301 (28)

最後は、鉄製の急階段を担いで降りる事になりますが、ここでキャノンデールさん驚いたのかサービスショット!!

2011012301 (29)

2011012301 (30)

林道へ下って一息ついてから小路池へ下ります

ガーッと下って小路池に到着、天候に恵まれて休息しますが少し風が強かったですね

2011012301 (31)

2011012301 (32)

■小路池~

以前に「大山越えは小路池へ下ってくるのではないか」と書きました。
せっかくここまで来たのでその出口を探します。

小路池の西側へ行ってみると見過ごしそうなSTの入り口を発見、少しだけ歩きで確認しました。

う~ん、MTBなら通行可です。ただし、途中のルートはどんな感じなんでしょうね。
徒歩で確認できれば良いのですが・・・

県道102号を下っていると一本松ハイキングコースの看板発見

2011012301 (33)


2011012301 (34)

途中で振り返る、山々が名残惜しい・・

2011012301 (35)

午後の部からは、トレッキングを予定してます

少し遅れそうなのでB君とHさんに30分ほど遅れる旨を連絡し引田のローソンを目指します


このルートは大変アドベンチャー的要素が多く、単独では危ないかもしれません
当方では気温がコンスタントに10度を越える頃にもう一度行くつもりです。
興味のある方は告知しますので、ご連絡ください

当日はヘロヘロでブログも書けず、日曜日も下書きだけで終わってしまいましたw

午後の部、トレッキング編は明日以降に

| 自転車レポート | 18:48 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大山~一本松越え~山寺のみちコース

日時:2011/01/15(土)
場所:大山~一本松越え周辺
天候:曇り/雪/雨
参加者:さがやん、T君、maru430

■集合

会社の同僚である”さがやん”がMTBを購入 お披露目と初STへ誘う

2011011501.jpg

AM9:00 田園パーク集合
天気予報は荒れ模様(午前中の降水確率40%)
曇りのためか思ったより暖かい

本日のコースは天候を考え午前中で走りきれるコースへ変更する
大山~(四国のみち:山寺のみちコース)~一本松越え~徳島側下山)

2011011522.jpg

■大山(野外活動センター)
今週の前半にキャノンデールさんが一本松越えを果たしたそうで色々と情報を頂いた。
えらい、大変だったそうで我々は楽をするため”大山まで車+四国のみち”を選択
2011011502.jpg

私の車にMTBを乗せ換え、大山を目指す

※四国のみち:山寺コースは一部崩壊しています。

2011011523.jpg

野外活動センターから入ってすぐ沢を渡った後に上りとなる。
その後、ガレバや細かいアップダウンを繰り返す
2011011503.jpg

2011011504.jpg

中盤からは押しあがり ↑  下り ↓ 押しあがり ↑
2011011506.jpg

2011011508.jpg

2011011510.jpg

この押しあがりがキツイ、階段となっているため担ぎが必要だったり、ガレバの担ぎで体力を削られたりと散々である。

いやはや、山腹をなだらかにトラバースしているとの予想は見事に外れた。更に景色を眺める事の出来る場所は殆ど無い。

■~一本松越え

疲れてきたころに乗車率が改善されてきた。
少しホッとする

2011011511.jpg

私:さがやん、どう!? もうそろそろ厳しいのは過ぎたんじゃないかなぁ
さ:通った事、無いんだろう? ほんなん分からんでぇ!

おっしゃる通りだ、私も迂闊な事を言ったものだ(励ますつもりだったのだが・・)

私の発想では、この先がどうなっているか分からない事にワクワクしたり、期待したりと楽しかったりするのだよ

一本松越えまでに二か所の分岐があるが、道案内の札が掛っているので道を間違うことはない。二つ目の分岐が四国のみちを外れ一本松越えを目指すコースとなる。ここからは階段は無いSTで乗車率が更に向上される
しかし、”うらじろ”などのシダ類が道を覆い隠すように張り出しており何度MTBをお正月仕様に飾られてしまった事だろう。
もちろんサングラスは必須

2011011509.jpg

2011011513.jpg

途中の地蔵で一休みする

2011011514.jpg

竹藪を通り、倒木を越えて道がなだらかに水平移動しだすと一本松越えに出た。
参考資料で良く見た地蔵が迎えてくれる

2011011516.jpg

2011011517.jpg

一本松越えは、縦走路とクロスしてなるほどな、この辺りの尾根だとここが一番低いのかと思わせる場所でした。

少しスペースがあるので、休憩と補給食をとる。流石に冷えてきたのでジャンパーを着る
(ここまでは、押し上げ&担ぎの重労働でジャンパーは脱いでました。アンダーシャツ&ジャージ)
革手袋はビチョビチョでもう一度履くには気合いが必要。う~ん、手袋は考えるか、二枚用意したほうがよさそうですね。

少し尾根沿いに縦走路を歩いてみた。思ったより道がしっかりしていて意外と多くの人が縦走してそうな印象を受けた。

■~一本松越え
ここからの下りルートは来た道を戻り、四国のみち沿いに下る事にする。
今のところ天候は予想通り、午前中くらいなら保ちそうだ。

2011011518.jpg

苦労して押しあがった坂道も下りだと楽しいが、ただトラバースしていないので急坂を下る事になるのは少し残念
もう少し、ゆっくりとSTを味わえるルートが好きだ。

2011011519.jpg

この道はキャノンデールさん達が使った道だが、ここを押し、担ぎあげるのも相当体力を使っただろうなぁ

一段、一段の段差が大きくビビってしまう。さがやんの下りは予想以上に乗れてる!
下りの途中で一休みしていると、チラチラと雨か雪か

2011011520.jpg

下りきって出てきたのは四番さんヘ向かう途中のみち
セーフ!! 本格的な雨にも会わず無事帰還ですが、車に着いた途端に路面が濡れるくらいの雨。

2011011521.jpg

ぉぉ、日頃の行いが良かったのか

T君号で大山へ車を取りに戻った時は雪でした。

また何れ、香川県側へ下ってみたいです

さがやん、T君 お疲れ様でした。


| 自転車レポート | 12:44 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

阿波の峠 今昔

本日 良い本があったので買ってきました。

題名「阿波の峠 今昔」
著者 橘 禎男氏
金額 ¥2,000-

2011011201.jpg


徳島の峠が地図入りで140箇所ほど解説されています。良い資料ですね

それによると、大山越えは小路池方面へ抜けるのではなく、現在の川股ダム方向に真横につながっている道だそうです。

う~ん、一本松越えと同じ所へ出るんですね。

これまた、勘違いしてました。

実は、川股ダムからもう一本道が延びてまして、鉢伏山方面の尾根に繋がっていそうなんですね。
山歩きの人は登りきっているみたいです。

| 自転車 | 20:57 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大山越えって?

まったく・・・

大山越えというルートは良く分からない

検索してヒットしたのはあるバイクの方のブログに掲載されていた「東かがわ市と徳島県を結ぶ主な陸上路」の画像のみ
それによると東かがわの小路池というところに出るルートらしい(それで正解なんでしょうか?)
東かがわ市という題名からして最近の資料のように思えます。

山歩きをしている方のWebをみても、香川側へ越えたとかの記事には遭遇していない。
それどころか、殆ど手がかりが無いように思う

「東かがわ市と徳島県を結ぶ主な陸上路」をちょっと拝借してみると、こんな感じ

200906_21_41_d0058941_1911239.jpg

国土地理院の地図閲覧サービスにかろうじて点線があるが、谷筋でもなく、尾根筋でもないようだ
小路池からのとっつきはかなり急坂に見て取れる

http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?meshcode=51341350

これなら、一本松越えが遥かに楽なのではなかろうか 標高にして150m以上の差がある

yahoo地図による航空写真を確認してもそれらしきものは確認できない

困った・・ いや、困る必要はないのだが

義経軍はどのルートを通ったのだろう

| 自転車 | 23:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大山越え下調べ

2011/01/08 天ヶ津を完走した後、T君と車で移動する。

■大山頂上(691m)へ

 少し前から、大山越え 一本松越えについて色々と調べていた。

 時間があったので下調べに行くことにした。

 車が二台あるので、私の車にMTBを積み込んでT君の車は技の館まえの駐車スペースに停めておく
(大山頂上~大山寺方面へ縦走し、大山越えを確認するため)

 1.技の館横を走る県道34号線を行けるところまで行く

 2.その後デポ - MTBで下る - T君号でデポ車を引き取りに行く作戦

 県道34号線はグングンと高度を上げていく
 標高が高くなるにつれアチラ、コチラに雪が残っている

 110108_143631.jpg

 (あ~、もうやる気が無くなってきた)

■分かれ道 

 まぁ、せっかくきたので行けるとこまで行く
 県道が終点を迎えても、まだまだ道は続く。
 どこまで行くのかと思っていたら、三叉路 + 黒岩大権現参拝山道にでた(来た道、上る道、下る道)

 110108_144040.jpg

 昭和天皇御手植えの杉

 110108_144101.jpg

 更に、上って行くと大山の頂上 標高691mの三角点がある電波塔に出た。
 
 110108_144635.jpg
 110108_144707.jpg


 車を停めて電波塔の奥を散策する。

 縦走ルートらしきものが確認できた(T君やる気バリバリで斥候する)
 が、あまりにも寒すぎる・・・

 110108_144938.jpg

 デポ出来なくはないが、県道の終点辺りに停めるのが良さそうだ

 車に戻り引き返して、先ほどの三叉路を下る道を選択する。

 110108_145546.jpg

 どこへ出るのか・・・?

 110108_150543.jpg


■大山寺へそして大山電波塔

 程なくして、大山寺に出た(大山寺へ下る道は自動車でも下れるのか・・)
 
 110108_151325.jpg

 このままでは大山越えのルートは確認できないので少し、大山電波塔(先ほどの電波塔とは違う、今度の電波塔は麓から見える二対の電波塔)向けて少し移動した処にデポ、MTBを下す。

 この道も、一度ロードで走破しようとして雪に阻まれた経験がある

 大山電波塔向けて上る。

 やはり、雪が出てきたぞ(想定済み)今度はMTBなので新雪の上は案外上れる

 110108_155507.jpg

 が、無理は禁物だ。押し上がろう。

 雪は日陰部分に残っており、日向部分では溶けているので全行程が雪道ではない
 
 電波塔は見えているのになかなか到達できず、やっとのことで到着
 (天ヶ津の二本で既に脚は終わっている・・)

 110108_160024.jpg

 どれどれ、奥のルートをチェック!

 う~ん、どうやらルートがあるようだが・・ 藪こぎになりそう

 110108_160157.jpg


 これは、県境を表す杭だろうか?
 
 110108_161037.jpg


■とんだ間違い

 後で気がついたのだが、大山頂上の電波塔と大山電波塔の両方とも讃岐山脈を香川側へ迂回して最終は香川側から上っている。
 ということは、徳島側から上ったので、突き当たりの右方向が東と思い込んで確認していた方向は全く逆!

 東方向を確認するつもりで西側を確認していた! というお粗末な話になった。

 香川県を眺めているつもりだったが、あれは徳島県側だったのだ~

 山、恐るべし・・・

■大山越えは?

 どこが大山越えか分からないまま電波塔に出てしまったが、帰ってからGPSログを見ると香川へ県境を越えている
 つまり、大山越えは通過していたようだ。

 じゃぁ、どこから香川へ下るのか・・ その箇所は確認出来なかった

■下調べ終了

 もう少し下調べをしたかったが、夕暮れが近づいてきた。
 帰ろう
 下りは慎重に、慎重に う~ 寒い・・・

 110108_161608.jpg


 T君、お付き合いありがとうございました。

 110108_164046.jpg


 

| 自転車レポート | 18:04 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天ヶ津山完走

日時:2011/01/08(土)
場所:天ヶ津山周辺
天候:晴れ
参加者:T君、maru430

■ 天ヶ津山からのSTをコンプリートする

1.星越え峠からのハイキングコース 常時使用
2.御嶽神社からの登山コース(大谷櫛木線)未踏
3.鉄塔兼登山コース(大谷櫛木線)未踏
4.鉄塔保線(奥屋敷まで)2009/12/07
5.鉄塔兼登山コース(林道桶殿谷線)2010/12/19

上記の2,3のルートを走る

■スタート

AM 8:40くらいに車をほたるの里付近にデポ
大谷櫛木線を星越峠の切り通しに向けて走り出す。
日蔭と日向で随分気温差を感じる

■ 一周目(3.鉄塔兼登山コース)

 ■猟師の墓

 待ち合わせ場所のハイキングコース入口でT君と合流、天ヶ津ハイキングコースを猟師の墓目指してスタート

 110108_092550.jpg

 分岐点で少し休憩し、猟師の墓を目指してSTへ進入
 意外と走りやすい、どうやら土を盛って道を作っているようだ。

 110108_092604.jpg

 距離は短いのでそこから、自転車を置いて先のルートをチェックしにいく

 里山歩きには適していそうだが、MTB的には無理がありそう

 110108_093004.jpg

 110108_093015.jpg

 戻って、天ヶ津山の無線中継所を目指す。

 中継所脇でヒートテックのパンツのアンダーウェアを脱ぐ!(暑い) 

 ■登山道のSTへ

 110108_101923.jpg

 最初は切り返しの連続、乗ったままでは無理なので降りて向きを変える必要あり

 110108_102424.jpg

 尾根コースとは違い片方が崖なので注意が必要だけども、楽しい

 110108_103101.jpg

 中腹を過ぎると鉄塔に出る、眺めが良い

 110108_103412.jpg

 この後は切り返しの連続となり、自転車を降りる回数が増える

 途中で、トレイルランをしている方とすれ違う(降りて、自転車を山側に引き寄せすれ違う)
 
 大谷櫛木線の登山口へ出た
 (良く使う道だが、これまでこの登山道の看板は気がつかなった)
 
 110108_105141.jpg
 途中までは気持ちよく走れるが、なんせ保線用の登山道 切り返しが多いのと斜度が急で距離が短し
 (ルートラボ参照)

■二周目(2.御嶽神社コース)

  も一度、ハイキングコースから天ヶ津の中継所を目指す。
 少し足にきているようだが、先の入口より一歩上の猿の墓入口からSTへ、猿の墓を目指す。
 
 110108_115126.jpg

 猿の墓で休憩後、少し進んだところに分岐点あり、三叉路だが奥の道の案内は無い(12/19に通った坂東方面への道です)
  
 110108_121455.jpg

 御嶽神社方面へ進み、この道を走ればコンプリートになる。

 この道は良かった! 距離も十分で天ヶ津では一番良いコースだと思った
 道よし 

 110108_121754.jpg

 展望よし 

 110108_122153.jpg
 
 雰囲気よし

 110108_123946.jpg

 ちょっと崖が危険だけども・・

 110108_122819.jpg

 あれあれ!?
 110108_123142.jpg

 前輪を谷側に落としてしまい、跳び箱よろしく 前方へ脱出!(コケ方が上手くなっている)

 しかし、途中に押し上がり必要な部分あり、また御嶽神社の奥の院あたりから、乗車率0%となってしまった。
  
 110108_125853.jpg
 110108_130513.jpg
 110108_131306.jpg

 最後の最後で評価が下がってしまった。

 そして・・・
 
 110108_125131.jpg
 
 実は一部の上り区間でT君はあっさり走破! ならば私も!!
 と思ったのが間違いで、身の程を知れ!
 リアタイヤがズルズルに空転し、ヤバいと思った時には既に背中から谷側へ・・
 くそっ! と思って倒れる際に最後の抵抗
 草木を掴んで1m程の落下で済みましたw
 
 少し腰を打ちましたが、負傷はズボンだけで済みました。



■その後

 その後に少し車で移動して以前から疑問だった場所を回りました。
 110108_143631.jpg

う~、さむ 

| 自転車レポート | 16:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

縁起が良い ?

先日から、MTBにて動画撮影する方法を模索していて以前に使っていたデジカメ(CanonのIXY DIGITAL 30何故か液晶に画像が映らなくなっていた)の電源を入れた

2011010701.jpg

壊れたまま(当たり前かw)


何気なく、キャノンのHPで検索してみた。

ぁっ! これは、家の奴と同じ症状じゃん!

ぃっ! 無償修理!!

ぅっ! 2011/01/31で対応終了!

ぇっ! ホンマに? 早う電話せな

ぉっ! 業者を手配して回収に来てくれるそうだ。


ラッキ~ もう少しで賞味期限が切れるところだった

チェックしてみるもんだなぁ

古いキャノンのデジカメで同じ症状の方! 急いでキャノンのHPをチェック!!


機種によっては賞味期限が切れてい場合もあり

330万画素なれど、自転車散策には十分な機能

(年明け早々から縁起が良い! ノカ?)

http://cweb.canon.jp/e-support/info/ccd.html

| パソコン | 18:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

理想のマイクスタンド

まったく自分というものに呆れてしまうが、嬉しいのだからしょうがない!

深夜にnarと次のツーリング計画なんぞを立てる時はSkypeを使うのだがヘッドセットが苦手な私はマイクスタンドを模索していた。

本日、川内のPCショップにて理想とも思えるものを発見!!

それが、これ

2011010602.jpg

本来の使用方法はこんな感じ

2011010601.jpg

店頭にてチラシをディスプレイするものらしい

底に磁石が入っているので壁とか、私のPCデスクにもくっつくので安定感抜群
(角度の調整も可能だ!!)

ほんとに、しょうもないですね
(¥350-くらいです)

| パソコン | 00:14 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

走り初め

T君から携帯にメールが届いた。

驚いたことに、大晦日、正月の2日と眉山の縦走路へ行っていたらしい

確かKID君が4日にT君とグリンピア三木で走ってますとメールをくれたから、隔日で走ってるようだ。

私は寒さで自転車通勤もサボっているのになぁ

という訳で、業務連絡です。

1/8(土曜日)手近な天ヶ津山の未踏コースを走ってみようと思ってます。

軽く走り初めですw

9:00 星越え峠の切り通し(ハイキングコース入口)でお願いします。

今のところ、T君、maru430 です

| 自転車 | 23:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。