鳴門~池田~ あさもやと共に

徳島を東~西へ自転車で走っております

2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

預けていたもの

2011/07/21

先日、預けっぱなしだったブツを引き取ってきました。

これです

2011072101.jpg

narが海外通販する際に、ちょこっと混ぜてもらっていたもの

プラスチック製 ボトルホルダー × 3個
パンク修理セット × 1個

ボトルホルダーは良く壊れるので適当に安いものを選びました
一個が300円してないです

パンク修理セットはCO2のボンベと同形状になっておりネジも切ってあります

パンクの際はチューブごと交換する事が多いのですが、取り合えず持っておくと安心できます

スポンサーサイト

| 自転車 | 20:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

瓶ヶ森ツーリング2/2

■温泉(AM10:00)

道の駅-木の香で温泉が開くまで1時間、とても待っていられない。
目の前の川では子供が楽しそうに遊んでいる。そこに混ざりたかった・・

MTBを車に積み込み”むささび温泉”に向かう

木の香から土佐センチュリーのコースを逆走するのだが、自転車の多いこと!
土佐センチュリーの試走をしているのか、練習なのかとても多かった。

(AM11:00)”吾北むささび温泉”に到着
http://www.town.ino.kochi.jp/kankou_iyasu.html
2011071901.jpg

地元密着型の施設のようで日曜の午前中なのに結構な賑わいでした。

ちょっとした筋トレ用の施設も無料で利用できサイクルトレーナーも

食事も出来るようです。(入湯料=600円也)


■居眠り・・・

私は以前から笹ヶ峰を通てみたかったのだが、なかなかチャンスが無く
今日、車でもいいから通るつもりであった。

(笹ヶ峰に入る前に、2回ほどヤバイ状態が発生 運転をnarに替わってもらう)

笹ヶ峰というより”土佐北街道”の一環として興味があり、途中の立川番所跡にもぜひ寄ってみたい
史跡として石畳やら期待していたが・・・

立川番所跡はとても立派な建物で「ほぅ」少し感動
2011071902.jpg
2011071903.jpg

その後は意識を失ってしまい、気がつくと”霧の森”近くまで来ていた
(睡眠不足+疲労+温泉でノックダウン・・)


家では大人気の焼鯖寿司を霧の森で3本購入 これ旨いです!


■腹減った・・・

さて、とうにお昼は回っている お目当ての食事は”うちこみ蕎麦
霧の森から国道319号線を山城町に向けては数キロ走ったところにある。

”田舎のかまや 風流里”~ふるさと~ さんに寄る予定だ
http://www.shokokai.or.jp/36/3648410007/index.htm
2011071904.jpg

実はここ、以前にブータンの”マニ車”があるとして紹介したところ
最近、宿泊と食事を提供しているらしい

(PM2:30)お腹ペコペコ状態で飛び込むと残念ながら蕎麦は品切れ
何でも良いからと、お任せで食事をお願いした。

話しをして夜中から遊んでいる事、ペコペコである事を伝える。
本来はセットメニューなのに、我々を気遣ってソーメンが先に運ばれてきた。

つるつる~ メッチャ旨い
2011071906.jpg

田舎のゆっくりとした時間が流れる。
風が気持ちよく ”うとうと”してしまった。
2011071905.jpg

残りの食事が出され、お腹も満ちてきた。(更にヤバイ状況・・)
2011071907.jpg

場所は雲辺寺の奥の院(長福寺)近く 看板も出ていないため隠れ家的な処


どうにか、こうにかnar宅までたどり着く

私は明日から出勤であるが、narは今日から三連休だとか

エアコンの効いた部屋で2時間ほど爆睡~

目が覚めるとスッキリ爽快! 

復活じゃぁ~

自宅に帰り着いたのはPM9:00少し前

よう遊んだわぁ
また、爆睡・・

| 自転車レポート | 07:45 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

瓶ヶ森ツーリング1/2

2011/07/17 (日)
■始動
16日(PM11:30頃)

ゴソゴソと準備を始める
今回も仮眠とれず・・・


17日(AM00:00頃)

nar宅へ向けて出発


(AM2;00頃)
nar宅へ到着
MTBを車に積み込む

今回の予定は高知県いの町”道の駅 木の香”にデポし、瓶ヶ森を散策しようというもの

但し! 暑さを避けて早朝に上る作戦である


■デポ地へ

愛媛県側から寒風山方面 → 寒風山トンネル → (AM3:30)道の駅木の香 へ到着

途中で寒風山の旧隋道へ通じる入り口を確認(ゲロゲロな斜度)

その辺りで、闇夜に光るケモノの目が照らし出される・・ 真っ黒なワン公。
放し飼いか、野良か いやな天敵を見てしまった。

初めて通過する寒風山トンネルは何処まで行ってもトンネル、不思議な感覚であった。
この寒風山トンネルは聞くところによると、自転車通行可能な日本一長いトンネルらしい

木の香へ到着し出発準備中
2011071801.jpg


■出発 ~ 旧隋道
AM3:47 ~ AM5:01

ここにきてボトルが無い事が発覚(水を入れて机に置いて・・・そのまんま)
バックのハイドレーションのみとなるが、まぁ 大丈夫であろう

出発してすぐ私のライトが調子悪い(電池は充電してきた)
ほぼ、narのライト&narのヘッドライトのみとなる


やれやれ、だぜ


深夜の寒風山トンネル入り口で記念撮影
真ん中にはnarが居るが、ウェアが黒っぽいので闇に溶け込んでいる(轢かれるぞ!)
2011071802.jpg

narの装備は完璧であった。
この日の為かのように、ホィール、フロントサスを新調し軽量化を図っている。
更にはCRC(チェーン・リアクション・サイクル wiggleのライバル)でビンディングペダルにSPDシューズを購入、私をノックアウトしてやるとの魂胆はミエミエだ

私の優位はというと、タイヤがスリックである事くらいか


予定通りとても涼しく上りやすい
narとバカ話しをしながらチンタラ、チンタラ上る

ガォォォー!」とか 「アァ、ア~」とか 意味の無い奇声で身の安全を図りながら上る

せめて、月が出ていれば良かったのだが・・・


暫くして気がつく

「チ~~ン」    「チ~~ン」    「チ~~ン」

私:nar、何か聞こえんで?
na:聞こえるわ 「チ~ン♪」って鳴んりょる

鳥さんもまだ起きてない静寂なこの時間帯に「チ~ン」   イ・ヤ・ナ 感じだ

結局、この音は”寒風山の上り口~旧隋道~瓶ヶ森の途中まで”大きくなったり、小さくなったり変化しながら聞こえていた


■ ~ 天空の道?

旧隋道まで到着すると、3人の登山客が準備をしていた
2011071803.jpg

休憩をし挨拶を交わして出発する

そろそろ日の出の時間だが、まだ暗い
2011071804.jpg

やっと空が白み始めるころ、本日の天候が明らかになってくる
2011071805.jpg

ガスだ(ある標高でクッキリと分かれている)

むむむ、日が悪かったか・・(落合峠の時も途中から雨)
どちらが雨男なのか、不毛な議論が続く

追い討ちをかけるように、この頃から小さな虫の集団が頭の辺りを飛び回る
追い払っても、追い払っても駄目

ダッシュで逃げるが無駄な抵抗であった

天候が荒れてきたため風が強くなると虫は居なくなるが、風が弱まると何処からかやってくる

二酸化炭素に寄ってくるのか、ナイスなおっさんの加齢臭に寄ってくるのか分からないが

とにかく、参った・・・

ガツガツ補給食を消費しながら上っていくが、先行するnarに引き離されていく。

「チクショー! 昨日は十分に足を休めたのに。」 結局この日、下り以外で私が先行する事はなかった
2011071806.jpg


標高も上がってきて、ガスの中に突入する。
2011071807.jpg
2011071808.jpg

ガスと言っても超霧雨のようなものである





narの装備は完璧であった。

ウィンドブレーカーを準備している。

私は天気予報と季節からそんなものは頭の隅にも無かった。


寒い・・ 

瓶ヶ森への道はアップ・ダウンが続く 上りはまだしも、下りは寒い

ブルブル凍えてしまう

山を舐めてました・・ ”スイマセン”

どんどん体力を削られていく


恐らく、ここが良く写真でみる天空の道であろう(残念記念に写真を撮る)
2011071810.jpg

実際はこんな感じ
2011071811.jpg

まだ、視界が無くなるほどではなかったのが幸いだ
2011071812.jpg


■~シラサ峠

瓶ヶ森の登山口付近で今後のルートを検討する。(大粒の水滴がボトッ、ボトッと落ちてくる)
2011071814.jpg

振り返るとこんな感じ
2011071815.jpg


地図を広げて小虫の集団に悩まされながら県道40号線を使った周回ルートを進む事にした


ここからの道は下り一方で路面もよく整備されており「あ!」と言う間にシラサ峠の山荘に到着(標高1,400)
2011071817.jpg


自動販売機が設置されており、水を購入しようとしたが小銭を受け付けない。

困っていると、お散歩中の昔”山ガ~ル”が声を掛けてくれた

昔山ガ~ルさんによれば
「山荘内にも自販機がある」
「昨日からガスによる悪天候である」
「ナイロンの上着一枚が生死を分ける」・・・それほど深刻ではなかったが
とのこと

早速、山荘で水のボトルを購入する cafeの看板も出ていたのでコーヒーが飲めるか尋ねると少し怪訝な表情をされた。
テーブル席は満席なので、リビングのような処まで運んでくれると言う

くつろぎながら、改めて地図、GPSを確認する(フン、フン もうあまり上りは無さそうだ~♪)
2011071816.jpg


周りを見渡す。

何故にスタッフの表情が曇ったのか理解した。

テーブル席は宿泊客の朝食で満杯。
現在(AM7:50)
私とnarは4時間(半日)遊んでクタクタなので気にしなかったが、cafeの時間ではなかったようだ。

この休息は大きかった。寒さで疲労した身体にはとてもありがたかった。

ここから先、標高はグッと下がってくる

■~長沢ダム

石鎚山と長沢の分岐点に到達、休憩には早いが写真撮影のため停車
(実は石鎚山には登った事が無い)
2011071818.jpg

出発してどこが吉野川の源流になるのか知らないが、この辺りの水はとても綺麗だ。
じわじわと下界の気温を体感してきた頃に祖谷渓とよく似た渓谷を下る
2011071819.jpg

人家がポツポツと出てきた頃、”氷室祭り”のノボリが目立ち始め祭り会場から下流では更に車が多くなる
2011071820.jpg

やっと長沢ダム、ここまでnarに千切られそうになる
2011071821.jpg

(AM9:30)二人とも共通しているのは「腹減った・・

少し下流の”日陰+渓流があって涼しいところ”の条件を満たした道端で補給食をむさぼり食う

ここまで、7割ほどの補給食は消費した
2011071823.jpg


■~道の駅”木の香”

更に少し下って、国道194号に合流

暑い・・ わがままな様だが、暑い・・・ 走るの嫌だ・・・

こんな私をnarが引いてくれました。

2011071824.jpg


汗で臭、臭になりながら到着(AM10:00頃)
さて、温泉、温泉っと

何々、営業時間はAM11:00~(木の香温泉)

がちょ~ん

続く

| 自転車レポート | 20:45 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日はノーライド

2011/07/16

本日はノーライド、これは計画的です。

明日は早朝からnarと、お山&温泉で気晴らしに行ってきます

2011071601.jpg

暑いの避けて早朝ライドっす

2011/07/14 12km × 2 + (大坂峠~中山)
2011/07/15 12km × 2 + (大坂峠~中山)
2011/07/16 -

| 自転車 | 19:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

買いのも

2011/07/13

最近、買いのもに行った時は保存食が目に留まる
四国でも少し前に地震があった。

料理しないものと調理するもので保存食を分けると、調理しない保存食は自転車の補給食と類似してくる

適当に賞味期限を確認しながら買ってくるのだが、段ボールに一杯になってきた。
賞味期限を箱の外に書き出してリストにしてあるのだが、定期的に消費と購入が必要になる。

あと一年もすれば自転車の補給食は沢山出来そうだ。

2011/07/13 北灘
201107131.jpg

2011/07/12 30分 × 2
2011/07/13 12km × 2 + (大坂峠~中山)

| 自転車 | 05:49 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いろいろ

2011/07/11

右下ライド参加の皆さんお疲れ様でした。
私は出勤してたんですが、暑さで車通勤でした

ところろで、自転車王国のブログを見てましたら昨年の”ライドインNARUTO”が今年も行われるそうです
11/20らしいのですが、娘には内緒にしておきたい・・・

2011/07/10 -
2011/07/11 30分 × 2

| 自転車 | 21:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一期一会

2011/07/09

早朝に猫が起こしに来る 「餌入れて~ ウニャ、ウニャ」
7:00位から自転車で出発 予定では5:00くらいだったのだが・・

中山を越えて星越峠をユルユルと上る 白黒のコルナゴに乗った方がスーッと挨拶して抜いていかれた。
いかにも上りが速そうな方であった。

星越を越え暫く下る 本日の運命のライダーとすれ違う。
サイクルキャップをメットの下に被っていた
軽く会釈した

阿讃をジグザグに走っているため次はドイツ館側から卯辰を越える予定
テロテロと上って下りはじめたところで 彼が上ってきた。すれ違う

ピーンときた 同じ事をやってる 次は大坂峠だ!

これはイカン 大坂峠の頂上ですれ違うためには相当とばさないと

下りで懸命に漕ぐ、漕ぐ

北灘を過ぎ引田のローソンで休憩予定だったが、そんな事を言ってられん

後ろ髪をひかれながらも”大丈夫、ミニアンパン6個入りを持ってるじゃないか”

大坂峠に入ってから腰に違和感を感じる ”そう、最近こんなに急いだ事は無いのだ”

まるで山岳賞でも狙っているのか?

奴より先に! この時くらいから私の妄想の中では ”彼 → 奴”に変わっていた

しんどい・・ 奴も気が付いているだろうか・・

山頂近くで子猫の集団を避けながら頑張る!

よっし! 後100mくらいで切り通しだ!




カーブの先から奴がやってきた

めっちゃショック あんなに頑張ったのに・・・

すれ違いながら奴の口元がニヤッと(いやはや、妄想モードなのでそう見えただけw)

くっそー!! 次は”鵜の田尾”じゃぁ~

鵜の田尾を目指す、目指す、目指す

宮川内ダム近くの気温表示は30度であった。

頭が痛くなり、道の駅で休憩
2011070901.jpg

もう駄目! テンションもメッチャ下がりまくり

ごめんよ 私はここまでしか無理

水を買って頭から被る

自宅に戻ったのは12:00少し前 死ぬ! そのままシャワー

奥:「あほ やな・・」

奴は鵜の田尾を越えたのだろうか?
もう一度会って話がしてみたいものだ

注意
明日は右下ライド、暑さ対策 日焼け対策をお忘れなく
私は仕事です・・

2011/07/06 -
2011/07/07 30分 × 2
2011/07/08 12km × 2
2011/07/09 (中山~星越え~卯辰~大坂峠~宮川内ダム)

| 自転車 | 15:03 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと涼しい?

2011/07/05

本日の帰りは思ったほど暑くなく意外と快適であった

2011070501.jpg

で画像を撮っていたところ、あせび側から一人上ってこられた(実は画像に映りこんでいる)

大坂峠は朝までの雨の影響か、何か所かで路面に水が漏れだしており 枯葉や土も少々道に流れ出している

特にアセビ側への下りは注意が必要

2011/07/04 30分 × 2
2011/07/05 12km × 2 + (大坂峠~中山) 
少々腰に違和感

| 自転車 | 00:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

除草作業→大川原

2011/07/03

今日は地区の清掃活動(除草作業)の日

朝7:00前から暑さを避けて行われる

鎌を持って参加するが、これがしんどい

一時間少々で片付いたのだが、もはやヘロヘロ 来週は雨だしなぁ

8:00くらいから磯やんが大川原へ紫陽花サイクリングに行くって言ってたなぁ

電話してみよ

お~今から!? じゃぁ私も参加する

登り口の役場駐車場まで車で移動(ボトルを忘れた・・)

2011070301.jpg

ヘロヘロしながらMTBで上る上る

ヤバい、またガスってきた

2011070302.jpg

まぁ ソフトクリーム食べて帰ろうっと

今日は、大川原は大賑わいでした

紫陽花!?

2011070303.jpg

来週くらいが見ごろかも!

2011/07/03 大川原

| 自転車 | 23:25 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨降るかなぁ・・

2011/07/02

先週末に懲りて、早朝より自転車に乗る。

まず、中山 結構ガスってる

2011070201.jpg

その後、星越 やっぱりガスってる

2011070202.jpg

それから、卯辰 やばいなガスってる

2011070203.jpg

で、大坂峠 もう前が見えにくい

2011070204.jpg

大坂峠を越えたところで、KEN@SKBCさんと遭遇、久々だ!

仕事の事

子供の事

いろいろ話しながら大坂峠をくだる、またよろしくお願いします。

KENさんと別れ私は広域農道を西へ

アスタムランド付近で雨が・・ アスタムランドの駐車場へ避難(コーラー休憩)

暫く様子をみるが西の空は曇ってはいるが雨は降っていなさそう

気を取り直して鵜の田尾峠方面へ

そこからのルートをどうしようかと、ぼんやり走っていると3人のローディに抜かれましたw

鵜の田尾峠方面へ進んで暫くすると雨!

これは、イカン! と引き返すが、雨が追いついてくる

シューズの中まで浸透しグチャ、グチャ・・・

濡れネズミで帰宅するが、鳴門は快晴 マジですか?

その後は自転車のメンテナンス

2011/07/01 -
2011/07/02 (中山~星越~卯辰~大坂峠~鵜の田尾峠途中)

| 自転車 | 22:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。