鳴門~池田~ あさもやと共に

徳島を東~西へ自転車で走っております

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

六地蔵峠~豊稔ダム~境目峠

2009/03/09

2009/03/07(土)
朝、早朝の用事を済ませ、AM9:00くらいから以前より考えていた六地蔵峠越えを目指す。
(国道192号-県道268号-県道6号-広域基幹農道-県道8号-県道9号-土佐北街道-国道192号)
まずは雲辺寺方面に県道268号線を上る。数キロ走ったところで雲辺寺方面と野呂内の分岐へ到着する。
S2009030702.jpg

ここからの下りはしばらくコンクリート舗装になるが、すぐ普通の舗装になるので心配ない。野呂内小学校の辺りで県道6号の表示があり、六地蔵への上り道となる。
S2009030707.jpg

今回は”や まさん”から「ロードでは厳しいかも」との指摘をうけてMTBでの走行となる。なるほど、形容するならばロードでも走れない事は無いが、決して走りたくない道だ。舗装はひび割れ、剥がれ、落ち葉が積もっていて湧き水で湿っている。
S2009030708.jpg

途中に一箇所分岐点があり、ああ、此処からが中蓮峰へ、そして猪鼻峠へと通じる道かと確認する。(距離が距離なので迂闊には入れない・・)
S2009030709.jpg

六地蔵峠手前で二人のハンターとすれ違い(猪を駆除中?)六地蔵峠に達する。切り通しで、峠に達した事が直感できる峠だ。
S2009030710.jpg
S2009030713.jpg

驚いた事に一人の年輩のランナーが休んでいた。少し話をさせてもらったところ、香川側からよく登っているようだ。六地蔵を撮影し一気の下りに入るが、やはり香川側は道が良い。途中「薬師鼻展望台」があり覗いて見ると、チョット感動した。
S2009030715.jpg

街から海から山から一望できる、携帯のカメラでは感動は伝わらないかもしれないが・・・。
S2009030717.jpg
S2009030718.jpg

途中18%勾配の標識も(あのランナーは凄い!)
S2009030719.jpg

ほぼ下りきって、”広域基幹農道”の道標に従い西へ(雲辺寺ロープウェイ乗り場経由で豊稔ダムを目指す)途中で”粟井ダム”の道標が有ったのでそちら方面にすると、雲辺寺から下って来る四国のみちが有った。なるほど、険しい道だ。
S2009030728.jpg

その後、ロープウェイ乗り場を経由して、県道8号を少しだけ走り、県道9号を豊稔ダムに向けて上る。
S2009030730.jpg
S2009030732.jpg

途中で二回ほど工具ケースとボトルが落下、昨日サスを硬くした影響なのか?
途中で川を覗き込むと、見事な階段状の谷底が見えた、名勝なのかは不明
S2009030734.jpg

傾斜もほどほどに、豊稔ダムへと到着。ラッキーな事に放水していた。S2009030736.jpg
S2009030739.jpg

道路沿いにダムの上から覗いて見ると、「水面が!」 阿波弁で言うところの「まけまけ、一杯」(”こぼれそうなほど”と言う意味)である、いや、これはダムからこぼれ出したに違いない。
S2009030741.jpg

この辺でやたらと、「喫茶まんさく」との看板がありイマイチな名前だ、左門なら豊作だろうとか考えていたら、「豊年満作」か!と思考回路が繋がった。チョットすっきり!
そのまま、県道9号を進んでいると知らない間に結構な斜度になってきた、道も立派で上り易い。愛媛県と香川県の県境に差し掛かる。
S2009030742.jpg

これまた眺望が素晴らしい。
S2009030743.jpg

上から見た道
S2009030745.jpg

途中で”生木地蔵”なる看板を発見、寄り道も数百メートルと言う事なので寄る事にする。途中からコンクリート舗装だが自転車で下れそうなので行ってみた。(厳しい勾配だが・・)
S2009030748.jpg
S2009030746.jpg

木にそのまま地蔵を掘り込んだもので大変珍しい地蔵だそうだ。耳にご利益があるようでお参りをしてルート復帰だが、MTBで上れそうな気がして、浮き上がるフロントを押えながら途中まで上ったところ、石に乗り上げ完全にフロントが浮いてしまい終了・・・押し上がる。
更に下りを楽しんでいると、「重要文化財 真鍋家住宅」が有った。これも覗いてみると江戸中期に建築された民家のようだ、約400年前だそうだ。
S2009030750.jpg

しかし、この道は快適だった、何故にローディーとすれ違わないのか不思議だった。川之江に到着し、遅めの昼ご飯を食べようと思ったのだけども結局ローソンで買い食いしてしまった。ここら辺は何が名物で美味いものは何処にあるのだろう、愛媛の名物って確か、目玉焼きの乗った丼が有ったように思うが・・・

県道9号から少し外れ、”土佐北街道”の道標に従い国道192号と合流し、愛媛と徳島の県境”境目峠”を目指して走る。と、ここまではMTBで軽めのギアを使ってクルクル回していたので軽快に走れて楽しかった
境目峠を目指しながら、何気に旧曼陀峠を思い出していた。あの峠には途中から佐野地区に下るルートがあった、あれが旧曼陀峠の徳島側のルートに違いないと思っていたので確認してみたかった。
県境近く”七田”というところから四国のみちがあり、旧曼陀峠に続いている事は何となく知っていたので軽い気持ちで帰りの駄賃程度に考えた。
峠手前、数百メートルの地点から上り始める。途中まで舗装路であったが、コンクリート舗装となり落ち葉が道を覆う・・
S2009030756.jpg

私の短い自転車人生の中で”一番の劇坂”に突入しようとは思わなかった。「ゲロゲロ」である。ロードに乗っていたならば、すんなり敗退したであろう。なまじっかMTBであった為、欲が出たのだ。途中まで、日が差し込むところは未だ良かった。路面が湿るとスリップする。どこで、写真撮影という名目の休憩をしようかとばかり考えていた。
S2009030757.jpg

舗装路ばかり走っている私には湿った地面のうえでは踏んでも踏んでも進まないように感じられる(抵抗が大きい)。「頂上付近かと思えば下って、また上る」何度か繰り返し少々落ち着いたころに分岐があった。そう、ここでミスコースしてしまったのだ。本来のコースには雲辺寺6.×kmと書かれていたようにおもう。
しかしながら、そちらのコースはシングルトラック! 何の疑いも持たずに落ち葉に埋まったコンクリートの道を選んでしまった。(後で、写真を見ればミスコースに気がつく
S2009030758.jpg

そこからは、うねうね、ぐしゃぐしゃ コンクリートも無くなりミスコースに気がついたときには随分下っていた。もう、本ルートに戻る気などサラサラ無く、疲労した体で早く知っている道に復帰したかった。
途中、工事車両が通過している道(うねうね、どろどろ 田んぼ状態)を進み、やっと民家が見えてきた。
S2009030761.jpg
S2009030762.jpg

ここで、T字路(右に行くか、左に行くか)国道192号は右手に有り、越えているハズは無いので右へ行くことに、しばらくして見覚えのある道に出た。
そう、ここは境目峠だ・・・
S2009030763.jpg

迷走した距離、登った坂はどれくらいか分からないが、上りはじめから直線距離にして1kmも進んでいない。ガックリ疲れが噴出した・・・
幸いな事に、後は下り一方で池田まで到着する事が出来る。

ヘロヘロのヨレヨレで無事帰宅する事が出来た
(もちろん、ブログの更新など出来ず、次の日も走りに出たものだから日曜の夜遅くなってからの帰宅となった)
しかし、なぜにこれほど面白いのか
S2009030700.jpg

    
ランキング参加につき↓バーナークリックしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| 自転車 | 18:00 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

]ご無沙汰しています。神秘的で走り応えのあるコースのようですね。走りたいですけど、ロードでは・・・v-431
4月に一緒に走れるのを楽しみに仕事に励みたいと思います。v-441

| オークス | 2009/03/09 19:00 | URL | ≫ EDIT

No title

[PC]ヾ(-Д-*)ウーン…MTBにはまりましたねぇ~♪
しかも長距離をはしってませんか?(笑)

| naka | 2009/03/09 21:39 | URL | ≫ EDIT

Re: No title

オークスさん、こんばんは
いろんなルートが有り楽しんでます。
まるで、観光地めぐりしているようなところもありますが知らないところが多いので結構楽しいです
次々にめぐりたいコースが出てきますw

| maru430 | 2009/03/09 22:28 | URL |

Re: No title

nakaさん、こんばんは
MTBと言っても、極楽通勤号なんでw
トレッキングみたいにやってます、意外と楽しいです

ロードはロードで爽快感が違いますので、MTBは山をトレッキングするのにちょうど良いです。
さぁ、Over200ですね!

| maru430 | 2009/03/09 22:32 | URL |

六地蔵

このあたり何度か走っていますが、生木の地蔵とか真鍋家はいつも素通り、全編とても楽しく読みました。讃岐山脈、かなり征服しましたね。
豊稔ダム、この時期放水・しかも3本ともとは、水量が多かったためでしょうか?農業用水にはまだちと早いように思いますが、いずれにせよラッキーでしたね。

| や ま | 2009/03/10 00:10 | URL | ≫ EDIT

Re: 六地蔵

や まさん、おはようございます
今回のルート、MTBが適しているとの連絡ありがとうございました、おかげで十分に楽しめました!
次は旧猪鼻峠、東山峠を越えるのが楽しみですが、ハードテールのMTBが欲しくなってしまいました。
私の場合鳴門と池田の両方から攻められるのでいい遊びです。(ロードより向いているのかも知れません)
豊稔ダムは本当にラッキーでした。先週の雪が影響しているのかもしれませんが、放水しなければ今にでも水がダムを越えそうなくらいでした。

| maru430 | 2009/03/10 08:15 | URL |

ありゃ

ここにコメントしたつもりが違うところに....すんません。

| 鉄線 | 2009/03/10 08:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maru430.blog50.fc2.com/tb.php/213-e2cf62b1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。