鳴門~池田~ あさもやと共に

徳島を東~西へ自転車で走っております

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

20101219 天ヶ津山(天円山)猿の墓コース ST

場所 鳴門市 (天ヶ津山近辺 天円山とも言う)
日時 2010/12/19(日)
天候 晴れ 気温2.5~11
参加者 磯やん、B君、KID君、maru430、(inoさん:DNS)


■経緯


昨年に、道を間違えて遭難しかかった(今から考えるとそうでもない・・)ルートをリベンジ以前の記事はこちら道さえ間違えなければ山道だ、楽勝~! ”猿の墓”目指して GO~♪

■集合 9;00

早朝 大谷のキョーエイ集合
KID君、maru430、B君、磯やん(ちょい遅刻)の順番で到着
キョーエイで補給食を調達しようとするが、品揃え少なし・・・

■出発 9:30

県道228号 大谷櫛木線を星越峠目指す(ここまでは舗装路)
星越峠の切り通しにて天ヶ津山方面へ分岐(未舗装路)するのだがゲート前にて休憩する

2010121901.jpg

休憩していると、一台のMTB氏が上ってきて軽く挨拶しそのまま天ヶ津方面へ上がっていかれた。

■天ヶ津方面へ

しばらく後、我々も出発 先発のMTB氏をパスして”猟師の墓”分岐点で休憩

2010121903.jpg

MTB氏が追いついてきたので休憩を勧めるが、ボチボチと上っていかれた。
ここから一気に天ヶ津頂上付近の”猿の墓方面”分岐地点まで上る。

2010121904.jpg

途中からコンクリート舗装となるが、勾配がキツイ! ゲロゲロ~

■ST(シングルトラック)へ

今日は特攻隊長のT君が居ないので、磯やんに先頭をお願いした(頑張れ!)

2010121905.jpg

最初はMTBから降りて、ジグザグに下るが、途中から段々と乗車が可能になってくる。

2010121906.jpg

2010121907.jpg

2010121908.jpg

2010121909.jpg

ハイキングコースなので階段とか整備されているが道の幅が狭い!
MTBのハンドルやペダルが引っかかる

2010121910.jpg

が、面白い! やっぱり面白いなぁ ”ウォーッ!”とか”ウッソ~”とか、声が上がる

猿の墓までは乗車率50%くらいか 基本的に下り基調なので楽しい。

猿の墓で休息していると、”ぬっ”と誰か現れた。

2010121911.jpg

先ほどのMTB氏だ。流石に徒歩で来られたようだが、我々を見て少し驚いた様子であった。
(まぁ、そうでしょうねw)
その後、少し話をして御嶽神社方面へ下っていかれた。

2010121913.jpg

2010121914.jpg

2010121912.jpg

我々も早々に出発する

しばらく下ると、通常のハイキングコースと、そうでないコースに分かれる・・

私とB君がそうでないコースを主張!
(山歩きされている方のブログで板東方面へ抜ける道があるらしい事を把握してた)

磯やんの顔がピクピクする
(お昼には何でも鑑定団の再放送を見るつもりだったようだが、そうはいかんゾ!)


■そうでないルート

次第に、鉄塔が近くになってくる。

いくつかの分岐があるが、その度に停止して斥侯をたて分岐先を確認する。
「あ~、こちっは鉄塔だから、そっちの道が正解だな」

藪コギ、藪コギ
2010121915.jpg

痛ってぇ~」 先頭をコギ、コギしていたKID君の悲鳴が上がる。
落車ではない、イバラの棘が刺さるのだ

途中、「ケッ!、こんなルート下れるか この下の谷は知ってるんだ

急下りのルートはパスし鉄塔に沿ってSTを押したり、担いだりして進む。

2010121916.jpg

■鉄塔に到着

2010121917.jpg

2010121918.jpg

休憩するが、あれ?

近くの藪を探すが、あれ?

どうなってるの?

ルートが無い・・・

補給食を食べながらGPSで確認するが・・ ルートが載っている訳が無い

なんてこった、ここまでか まさかの撤収

■帰路

意外にもあっさりと、ルートを失ったので撤収するが、帰る途中である想いが頭の中を駆け巡っていた。

「あの急下り・・まさか

「いやいや、あれを下ったらもう戻れない

「でも、もう人生でここへ来る事も無いかも

「去年は豪い目にあったなぁ・・」



■決断

「磯や~ん、ちょっと待ってくれ~!」



もう一度、帰路の途中からさっきの急下りまでバックする。

其処には四電の鉄塔順回路を示す杭が立っていた

2010121937.jpg

やっぱり、こっちだ・・(もう、完全に磯やんの顔は嫌がっている)

B: ぁ~、こっちですねぇ

磯: これ、下ったらもう行くしかなくなるぞ!?
私: ・・・   行こ!

■ガレ場&転倒&あり地獄

本日のクライマックスはここからだった

激下りであるが、最初は確かに道があった。

2010121919.jpg

2010121920.jpg

2010121922.jpg

その後、恐らく崩落でガレ場となり我々の邪魔をする。(特にSPDペダルでスパイクのついているB君には試練だろう)
私はトレッキングシューズ (ずーっと使っているGTホーキンスだが性能抜群!)

そんなガレ場で第一転倒者発生(磯やんだった) 

右の太ももを擦りながら立て直す磯やん、パンツはOKのようだが負傷した模様

2010121921.jpg

それでも下るしかない

難所は次々にやってきた。崩落でその谷間をトラバースしているはずの道が無い、完全に土砂と腐葉土、倒木などで埋まっている。

2010121923.jpg

何度か出てくる谷間の箇所が意外と大変で、一度はまるとあり地獄のようにズルズルを滑り落ちてしまう。

2010121924.jpg

あり地獄には落ちつつあるB君(ガチャピン蟻)と懸命に助けようとするKID君

2010121925.jpg

本当に洒落にならないのだ

この下り 乗車率0%

■突然の終了

”ワン、ワン!”

我々を怪しむ犬の鳴き声が聞こえ始めてからしばらく、谷へ出た。
ここで一休みするが、またもやルート消失

2010121926.jpg

谷沿いに担ぐか?

対岸へ斥侯に出てやっとルート発見、ルート言うほどでもなく藪の先が出口だった

しかし、最後の最後に・・

2010121927.jpg

昨年はここから同じだけ自転車を押し上げて山を越えたはず、それを思うと「な~んだ、楽じゃん」
あれ以上に苦しい目に遭ってないw

振り返ると、確かにそこは

2010121928.jpg

2010121929.jpg

2010121930.jpg

この後、道の悪い事、悪い事、雨は降ってないはずだが、ドロドロ、グッチャ、グッチャ 

2010121931.jpg

家へ帰ってから奥さんに怒られた。
「このズボン、自分で手洗いしてよ!!」

■林道桶殿谷線

私たちが出てきたのは桶殿谷線という林道らしい
2010121932.jpg

ヘロヘロながらも、わき道があれば上り 山を越えるルートが無い事を確かめる
(四電の順回路は真っ直ぐに山を目指してましたが・・)

2010121933.jpg

2010121934.jpg

2010121935.jpg

ウロウロしながら、やっと大麻彦神社参道へ うどん屋で遅めの昼食

■解散

〆のうどんも食べた、今日はここで解散!

皆とは別れ、鳴門の自宅まで この時期15時を過ぎるとグッと冷え込む
ウィンドブレーカーを着込み自宅へ到着

爆眠・・・(猿の墓コース 舐めてました)

皆さん、お疲れ様でした。(太ももパンパンです)

■本日のルート

GPSでログを採りました。 ルートラボではルートではないので表示は難しい・・轍(ワダチ)で作りました
地図+写真で見ると良く判りますよ。

| 自転車レポート | 12:14 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

昨年を思い出します(笑)
今回は遭難しなかったようですね?

山はくれぐれも一人では入らないようにね。

| ban | 2010/12/20 20:46 | URL | ≫ EDIT

めっちゃ楽しそう

地元の山にはかなり詳しくなったのでは?
STで人に会うと大概の人はビックリしますよね、それがいいのですが(変?)
乗車率0とは・・・凄いところを行ってるね
くれぐれも怪我しないように

| nar | 2010/12/20 23:52 | URL |

お疲れ様でした

今回も楽しくプチ遭難?だったのですね(笑)。
奥様に叱られたのが面白くて笑ってしまいました。
ああ、まったく男ってやつぁ・・・いつまでたっても悪ガキですね。私は幸いにしてドロドロは免れましたが(笑)。
109峠よかったですよ。今度また行きましょう。

| とんじん | 2010/12/21 01:00 | URL | ≫ EDIT

お疲れさまでした

なんとなっ!!!
アリ地獄の発端はmaru430さんだったんですね(*_*)
ヤッパリ行かなくて良かったぁ~、・・・ホンマに。
天円山は危険_〆(。。)メモメモ・・・

次回お誘いは初心者向けのコースでお願いしますm(_ _)m

| ino | 2010/12/21 06:09 | URL |

Re: タイトルなし

banさん、おはようございます
昨年の経験があれば、少々の事が気楽に思えてくるのは不思議ですw
但し、水、食料、時刻は気にするようになりました。

ここのところ遊び過ぎで、少し身体を休めた方がよさそうです

| maru430 | 2010/12/21 08:35 | URL |

Re: タイトルなし

nar、おはよう
天ヶ津山の残りは
・通常のハイキングコース
・猟師の墓
・山頂から裏に抜けた道(未確認)

です、まだ半分に達していない~
でも、ハイキングコースは楽勝でしょう!!!
(ホンマかな 来る?)

| maru430 | 2010/12/21 08:38 | URL |

Re: お疲れ様でした

とんじんさん、おはようございます
109峠も良かったようですね。頂上には標柱(石のやつ)もあるんですね。

冬場はこれに限ります。

今度は、道なき道も行きませんか?
意外とはまりますよ

※ドロドロ汚れはご自身でww

| maru430 | 2010/12/21 08:41 | URL |

Re: お疲れさまでした

inoさん、おはようございます
天ヶ津山は山腹にガレ場があるのがいただけないですね

しかし、以前に比べると我々も成長していて(ホンマかな・・?)斥侯を立てて万全を喫してます。
以前に天ヶ津の山頂まで上った時に、ご夫婦登山の方が神社の裏側に消えたのは確認しているのであれも道なのかなぁ
気になりますね!!

GPSログを採るためにもう一度、雲辺寺へ行こうと思います。
あれは楽しいコース(楽々お散歩)なのでお勧めです。 行きましょう!!

| maru430 | 2010/12/21 08:47 | URL |

お疲れ様です。
いやぁメッチャ楽しかったですね!
もう鉄塔ナンバー言われれば大体の場所が解るようになってきたという無駄なスキルを獲得しましたねw

| B | 2010/12/21 10:58 | URL |

Re: タイトルなし

B君、こんばんは
お疲れ、お疲れ

送電線地図無いねぇ(ちょっと探しただけだけど・・)
日曜は晴れるかなぁ ちょい、腰が重たいです

| maru430 | 2010/12/21 17:51 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maru430.blog50.fc2.com/tb.php/518-ff718c63

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。