鳴門~池田~ あさもやと共に

徳島を東~西へ自転車で走っております

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大山山頂~大山畑~一本松~四番(大日寺)さん

日時  2012/12/22(土) 12:45~ 15:00位
コース 大山山頂~大山畑~一本松~四番(大日寺)さん
参加者 T隊長、B君、maru430
天候  前日まで雨、当日曇り(STはややウェット)

先週の初め頃にT隊長よりSTのお誘いをいただいた、久しぶりの本格STなので次の日が休日の土曜日を希望する。(まぁ、筋肉痛は二日後なんですけどね)

当日まで天候が微妙で判断に迷うところであったが、久しぶりなので強引に開催へと持って行く

B君は前日に忘年会で高松泊、強制送還で参加(アルコールの残る体でSTは辛かったようで当日、B君の笑顔は無かったw)

最初は川俣ダムへ下りる予定にしていたのだがスタートが遅くなった事、天候がイマイチである事を考慮し、大日寺へ下りるルートを選択する

■10:30頃
 この時は川俣ダム方面へ下ることを考えていた。B君をピックアップし引田のローソンでT隊長と合流し、昼食を確保!
若干雨が降ってきたので最終の下り口を徳島側へ変更する提案をし下り口へ移動する。

T隊長の車を下り口に停め私の車で大山山頂まで移動開始、山頂にてSTの具合や天候を確認して決行か否かの判断をする事にする。

■12:45頃
大山山頂へ到着

さて、STの具合はどうかな(一人でSTを歩いてみる)

うへ!、微妙だぁ

どうすっか

「ぉぉ、中止にするか」 と言いかけて2人を見ると準備万端!

21122201.jpg


ぐっと言葉を飲み込み「ほな、行こか」と声を掛けた

ST入口のトンネルに突き進み、下り始める

2012122202.jpg


下り始めて5分ほどした頃、B君が不意に前輪をロックさせ(前輪が滑った)転倒

2012122203.jpg


”がっはっは”と笑ったつけは後ほどやって来る・・・

大山山頂~大山畑までは適度にうねりがあり、アップダウンがつづく

STが湿っていた事もありアップでは押しが入る

■大山山頂~大山畑(分岐1)

途中尾根伝いに進むコースと赤テープが巻いてある山道との分岐があり、我々はテープに沿って進んだ。尾根伝いに進むとおそらく大山畑の2本鉄塔に出るのだろう

2012122204.jpg


■大山山頂~大山畑(分岐2)

更に下って行くと石積みのある分岐点に出た。

2012122205.jpg


直滑降ルートとトラバースルート

スマホで現在位置を確かめる2人(ガラケーの私は関係ないけどさ)

トラバースルート選択し暫く走ると舗装路に出た、出てしまった

2012122206.jpg


■13:05頃(大山畑)

う~ん、直滑降ルートが正解であったか

個人的には尾根沿いに進んで鉄塔で小休止っての有りだと思います!

しばらく、進むと直滑降ルートの出口らしい地点を確認する事が出来た

その先でT隊長が”キィーッ!”とフルブレーキング

何じゃらほい、と見ると車道に鎖が張られていた

”NTTの私道につき進入禁止”だそうだ。

2012122207.jpg


■13:15頃(一本松越え方面へ分岐)

この先は経験のあるルートである。倒木を越え、押し上がり、二日酔いのB君には修行の時間帯だ

何度かのピークを越えてやっと、念願の下り(下りは危険なんです!)

2012122208.jpg


ウェットSTはディスクブレーキだとてズルズル、もっとブロックパターンのタイヤを履いてくる来るべきであった

■13:50頃(その時はやってきた)

神経をすり減らしながらウェットのSTを下だる

先行する2人に遅れながら、やっと一本松越えに到着する直前の事、もうほぼ下りきっていた。

気持ち的には「あぁ、疲れた、ふぅ~」と息を吐いたとたんであった。

油断大敵、前輪のコントロールを失い前方に放り出されるmaru430

右手が体の下に入ってしまい、右肺の辺りからわき腹を痛打(会心の一撃)を喰らった(俗に言うレバーブロー!)

うぐっ」と肺から最後の酸素が絞り出される

ぐっ、ぐっ、ぐっ、」

い、息が出来ない・・・・

立っている事が出来ずにへたり込む

ここまで、T隊長のヘルメットカメラは真実をとらえていたが、流石に撮影している場合ではないと悟ったようで映像は切れている

T:「脇腹の骨を折った」と思いました

B:「鎖骨をやったかな」って感じでした

T&B:「どうしよう・・・」と思いました。

私:「ここで病院送りになったらMTB人生終わるな」って思いました

2012122210.jpg


かはっ、ぜぃぜぃ」とまるで息を吹き返したかのように呼吸できるようになりダメージを確認すると骨には異常がないようで、本当にラッキーでした

2012122211.jpg


映像では一瞬にmaru430が消えて、その後にのたうち回っている映像が記録さていますが、あまりにmaru430が可哀想なのでUPは控えます

機材的には、フロントのリムが歪んで使えなくなってしまいました、腰痛が再発しなければ良いのですが

この頃から、二日酔いでグロッキー状態だったB君が復活してくる(もう終わりだって!)

■14:35頃(帰還)

その後、大日寺ヨコまで下りてくるのですが、このルートでは川俣ダム方面に下りるのが楽しいですね。

最後の最後でB君の後輪がパンク、ゆるゆる、とぼとぼと帰還しました

2012122212.jpg


あまりにもタイヤがドロドロでしたので高圧洗車機にて泥だけ落として本日は終了です

ああ、ずがれだ・・

このところ動画の編集をやってましたが上手く加工できませんでした
ダイジェストで結構汚いですが、よろしければ見てやってください
(容量の関係で音声はありません)

[広告] VPS

| 自転車レポート | 22:02 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

お疲れ様です!
二日酔い、転倒、パンクしてもなお、楽しかったです。
ちなみに僕も件のビデオカメラを買っちゃいました。
あんなの見せたれたか買うしかないですよねー。
来年もよろしくお願いします!

| B | 2012/12/28 00:39 | URL |

No title

ご無事で何よりですね
その高画質の画像での転倒シーンが見れないのは残念ですが(嘘です)
くれぐれも怪我の無いように

次のネタはリム組ですか

| nar | 2012/12/28 01:17 | URL |

Re: No title

B君、おはようございます
カメラ買ったんですか!
それは1/3のT隊長企画 「初下りだよ、眉山!!」に登場ですね
楽しみです

喪中なので、年末年始のご挨拶は遠慮しておきます
ありがとう

| maru430 | 2012/12/28 06:56 | URL |

Re: No title

nar、あぶなかったわ~
初下りで病院送りでは洒落にならんからなぁ
次のネタはホィールの手組!!
と行きたいところだけど、CRCから取り寄せ中なんで軽く正月休みは過ぎてしまうやろね

工具、もうちょっと借りておきますw

まずは、中津山かな

体調を戻して楽しみましょう(ホドホドにね)

| maru430 | 2012/12/28 07:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maru430.blog50.fc2.com/tb.php/704-55d6ef66

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。