鳴門~池田~ あさもやと共に

徳島を東~西へ自転車で走っております

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

復活! シングルトラックって楽しい~②



■中蓮寺峰に向けて 11:55~

ここから先の縦走路入口は判明している

2013031727.jpg

2013031728.jpg

激坂なのだが、斜度が分かりづらいので側面から撮ってみる(モデル nar)

実はこの先もっと傾斜が厳しくなる
ヘタすると落下してくるので十分に間隔を空けて担ぎ上げる(いざとなればMTBは見放さなければならない)

確かにダブルトラックは存在した
(100mも無かったと思うが・・)

2013031729.jpg


どうやら、○○○3さんのルートではないようだ

買ったばかりのトレッキングシューズが大いに役立つ事になろうとは・・・

「おりゃ!」

2013031731.jpg

「おらおら!」

2013031735.jpg

「だー!」

2013031733.jpg

気合と共に担ぎ上げの連続、いつも間にか登山に変わっていた。

2013031732.jpg

少々の平坦を見つけて木にハンドル引っかけて休息する
2013031740.jpg

ぜぃぜぃ」 試練だ・・・

尾根伝いに押し上げ、担ぎ上げていく

2013031739.jpg

途中で、ちょこっと乗れる区間もある(倒木が無ければなぁ~)

2013031741.jpg

万が一もう一度このルートを通る事があるならば・・
逆のコースでお願いします

岩がまっふつに割れている箇所を過ぎると道自体が怪しくなってくる

ヘロヘロになりながら押し上げているとダブルトラックに合流したが、縦走路は我々が通過してきた道が正しいようだ。

うむ、自己満足



(数日後にビデオチェックしてみると私の印象以上に乗れてる区間がありました、担ぎ上げ、押しの区間の印象がよほど強かったみたい)

ここからは少々乗れる区間になる

しかし、私の足は終了しており他の二人が乗りあがれる区間でも押しが入る

時折、休憩を入れながら進んでいただく(ペダルを回せなかった・・)

林道に合流して走りやすくなった

あれ? と思っていると中蓮寺峰を通過してしまいそうになった。

■中蓮寺峰着 13:06頃

2013031742.jpg

2013031743.jpg

いやぁ~、今までで一番厳しい試練だったなぁ等と話し合いながら林道を(パラグライダーの発場もあり車でも来ることが出来る)走る

■若狭峰? 13:35

中蓮寺峰から1.5kmほど走ると

若狭峰付近で分かれ道にあたります

2013031744.jpg

2013031745.jpg

ちょっと迷って、上るルートを選択すると若狭峰の電波塔へ到着、大きな電波塔で迫力ありました

2013031746.jpg

2013031749.jpg

小休止

2013031748.jpg

電波塔の奥にSTらしきものが有ったので少し探索するも、早々に撤退、これは違いますね

2013031750.jpg

この辺は縦走路の看板が無く我々も舗装された道を猪鼻峠に向けて下ります
(峠に向けて下るって表現も変な感じです)

2013031752.jpg

若狭峰から旧猪鼻峠に向かっていると、この日初めて人に会いました

猪鼻トンネルから上がって来た軽自動車に年輩の女性が二人

私たちの近くで止まったのでちょっと話をすると

(適当に知らない道を走っているだけだそうです、似たようなものでしたw)

■旧猪鼻峠 14:12

その後、旧猪鼻峠へ向け林道を上ります
この道は今でも補修されており、よく使われているようです

2013031753.jpg

で、ここからのルートですが縦走路を使って二軒茶屋まで走る予定。


暫く進むと分かれ道が出てくる。「くっそー」 二軒茶屋方面には上りのルートが正解らしい

2013031754.jpg

既に、終了している身体に鞭を打ちながら押しあがります。

2013031756.jpg

14:28

2013031759.jpg

2013031758.jpg

大きく道がえぐれてますが、何とか渡します
(この画像、T隊長が実は「にっちも、さっちも」になってます)

2013031760.jpg

2013031761.jpg

倒木を越え担いで縦走路を上って行くのですが、六地蔵からの上りと比べて足場が大変整備されており滑り落ちる危険性が少ない分、少し楽だったように思います

2013031762.jpg

とは言え、体力ギリギリ、もうゲロゲロ

14:38

木道を担ぎ上げたところで休憩
(narが水分を使い切ってしまい、ホレホレと私のボトルを提供)

2013031763.jpg

■二軒茶屋方面へ

下り始めた時は嬉しかった、「やった! 終わった」って感じ
(ショックなことに帰り道にまだ上りが存在しましたが・・・)

2013031764.jpg



途中「いぼ地蔵」にお参りして、二軒茶屋方面へ
(いぼ地蔵=樫の木地蔵と呼ばれていた二軒茶屋の氏神であり山の神の祠だそうです)

2013031766.jpg

ここでSTから未舗装路の林道へ抜けます
2013031768.jpg

14:57

二軒茶屋へは今回ここまで来たとの区切りの意味合いで来ました、う~ん、これといって感動無しですが、「おうぅ 縦走路め、今日はこれ位にしといてやらぁ」

2013031770.jpg

二軒茶屋から香川方面に向けては四国のみち二輪通行止のお願い柵があり通り抜けできなくなってます(昔は大勢の旅人が往来してたのでしょう)



■箸蔵寺方面へ

2013031771.jpg

2013031772.jpg

二軒茶屋から一旦、旧猪鼻峠へ向かう舗装路に出ます。
ここで、困りました。下るのが正解なのか、上るのが正解なのか迷ってしまったんです。

少しウロウロして少々上ったところで「はしくら」という道標を発見し予定のルートを下ります。

2013031773.jpg

15:15

違和感を感じてよくよく見ると これは! 「く」が逆ですね

2013031774.jpg

下ってる筈なんですが、「なんだ、かんだ」と上りが出て来ます。まるで不意打ちでこれがキツかった。

我々が通ったルートは二軒茶屋から箸蔵寺へ向かう旧道の様で、途中に石の立派な道標もたってました
この道はダブルトラックですが、ガタガタの道で今一つ趣にも欠けてます

2013031775.jpg

途中で1カ所、箸蔵寺という標が出てきますが、チェーンを張って規制してあったので入りませんでした。
2013031776.jpg

そのまま下って舗装路に出たので道標に沿って進むと箸蔵寺ロープウェイの頂上駅へ出てしまいました。

2013031777.jpg

2013031779.jpg

2013031778.jpg

■箸蔵寺から 15:45

正直、「これは困った」と・・・

案の定、自転車を持って境内に入る事を注意され担いで降りることもできません

元気が有れば来た道を上り返すのですが・・・

よくよくチェックしていると、かすかに旧参道らしきものがあります。

かなりの急斜面なんですが、一か八かの賭けに出ました

ぐおー、ストップ、ストップ!

ちょっと斥候しようと言う事になり、私とT隊長で歩いて下りルートが有りそうな事を確認しました。

そこは、全く使われていない参道でした・・

2013031780.jpg

「ひぃー」

実は途中でルートが消失してしまいます、見落としてしまったのかもしれません

結局、石段の参道を心の中で「御免なさい」と言って少し使わせてもらいました。



乗って下ったT隊長は罰が当たる事でしょう
(ヒソヒソ・・ ダブルサスだもんね 俺たちのハードテイルとは違うよね ヒソヒソ・・)
(ヒソヒソ・・ あの人は元々ダウンヒラーだし、罰当たるしね ヒソヒソ・・)

2013031783.jpg

2013031785.jpg

ロープウェイの柱のある中腹まで下ってきたところで、ハッキリとした旧参道を発見出来ました

2013031788.jpg

ダブルトラックで本日の最後のおまけのようで楽しかったです



16:19
ST&WTはここまで

山頂からほぼ未舗装路で下れたのはとても楽しかったのですが、ちょっと申し訳ない気がしてスッキリしてません。

途中の案内図で確認したのですが、我々の下ってきた参道の上部は記載されてませんでした(本当に使われてないようです)

下から見るとこん感じ(石の階段横に下ってきた道があります)

2013031782.jpg

■帰路

まさかの事態で帰りの車を利用できない我々はnarの自宅まで自走し、もう一台の車に同乗して雲辺寺近くにデポした車を撤収に行く事に・・・

ここからnarの自宅までは10km以上、もしかすると15kmくらいあるかもしれません。

ヘロヘロな体にブロックパターンタイヤがブレーキとなり進みの遅い事、遅い事

さて、ここから更に鳴門まで帰らなければ


■感想

いやぁ、トラブルはつきものですね。
ルートは念入りに計画したつもりですが、少々無理があったようです。

補給食は羊羹を除いて食べてしまい、水は1.5ℓで余ってしまいました

人間、疲れすぎると熟睡出来ない(体がハイな状態になっている)ようです

山からSTを下ってくると神社やお寺に出てくる事が多いようで、やはり昔の道は信仰の道なのでしょう

今回、二軒茶屋まで足を延ばしたのですが次回(来季)は二軒茶屋から東山峠、樫休場、大川山付近迄を散策してみたいと考えてます


ああ maru430 復活宣言!!

(こそこそロードも始めます)

| 自転車レポート | 20:28 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

楽し、疲れた

登りの押しはかなり疲れました ヘロヘロ

まさか、階段担ぎがあるとは思いませんでした 笑い

次回、5月も散策参加したいです できればGWがベスト

| t隊長 | 2013/03/27 21:38 | URL |

さすがmaruさん。非常に詳しい!あまりにも詳しいのであの時の思い出したくない?苦しい記憶が鮮明によみがえって来るではありませんか。
取りあえず復活おめでとう。次はロードですね!

| nar | 2013/03/27 21:41 | URL |

復活宣言、おめでとうございます
あぁ!楽しそう!
押しはハンパなさそうですが・・・
自分も今月からボチボチ山で遊んでいます
次回は自分もお供いたします

| キャノンデール | 2013/03/28 00:17 | URL | ≫ EDIT

Re: 楽し、疲れた

T隊長こんばんは
お疲れでした
で、五月の散策って?

| maru430 | 2013/03/28 00:27 | URL |

Re: タイトルなし

narさん、こんばんは
こんな記録って案外重宝するんですよね
ええと、縦走路制覇!?

| maru430 | 2013/03/28 00:29 | URL |

Re: タイトルなし

キャノンさんお久しぶりです
キャノンもそろそろ復活ですね
楽しいんだか、苦しいんだか、もちろん楽しいんですけどねw

| maru430 | 2013/03/28 00:31 | URL |

散策

雲辺寺、もう一度走りたいです

| t隊長 | 2013/03/29 11:32 | URL |

Re: 散策

T隊長お疲れさんです!
雲辺寺はおもしろいですよね

ぜひ、来季も行きましょう

| maru430 | 2013/04/02 05:59 | URL |

お久しぶりです

復活宣言、うれしく思いますぅ~(^ ^)v

えっと、
記事とは関係ない話ですけど、UPS貰ってくれません!?
物はAPC1400です。
バッテリーは2年近く前に交換済みですからまだまだいるとおもうのですが・・・。

| ino | 2013/04/17 13:14 | URL |

Re: お久しぶりです

inoさん、おはようございます

お勤め御苦労さまでした、これからは自転車三昧ですね
もう、自転車車屋さんになっちゃいますか!

UPS有り難く頂きます
また、メールにて連絡させていただきま~す

ところで、Googleのストリートビューに映っているのはinoさんではありませんか?

| maru430 | 2013/04/18 06:56 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maru430.blog50.fc2.com/tb.php/772-1d28c021

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。